メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Samsung Galaxy S9+の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    S9+のスペックは向上しました。そしてレンズ開口部のサイズも増えました。早速、おさらいしてみましょう:

    手順2

    上方から見ると、標準型のSIMスロットがあり、カメラと指紋認証センサーの配置が若干変更されたことがわかります。これで指紋で汚れたレンズにさよならです!

    手順3

    素晴らしいのは、iPhoneを模倣した製品が数多く出回る中で、Samsungはノッチレスをデザインし、ほぼベゼルレスのディスプレイに仕上げました。

    手順4

    内部を探る前に、まずは友達のCreative ElectronにX線撮影をお願いしましょう。

    手順5

    Galaxy S4の頃の分解は問題なかったのですが、最近は破壊的分解が続いていました。ありがたいことに、S9は破壊する分解には至らないようです。

    手順6

    危険が潜む開口作業をなんとかすり抜けた後、本体の後ろ側に分解作業を移します。

    手順7

    搭載場所が変更された指紋認証センサーを、まず最初に取り出します。粘着力のあるリングがセンサーを固定しており、同時に防水機能を備えています。

    手順8

    Galaxyフォンから接着剤で固められたバッテリーを取り出すにはどんな手段があるでしょうか?

    手順9

    2つのネジを外して、スパッジャーでFPCコネクターの接続を外すとすぐに、基板が取り出せます。

    手順10

    デュアルイメージセンサーにも関わらず、この2つのカメラは一つのユニットに繋がっています。そして一枚のプリント基板上に1本のコネクターで繋げられています!

    手順11

    やっとこの分解で最強ヘッドホンジャックが戻ってきました。(最近のスマートフォン分解ではヘッドホンジャックが搭載されていないからです。)これに付けられたガスケットがデバイスを液体や埃から守っています。ここがモジュール化されているので、修理する必要がある場合はこの部分のみの交換で済み、安価に済みます。

    手順12

    テーブルにマザーボードを広げて表側を見ると、主要なチップが搭載されています。

    手順13

    裏側には入りきらなかったチップが全て搭載されています。

    手順14

    IC認識、パート2:

    手順15

    IC識別、パート 3:

    手順16

    IC識別, パート 4 (センサー):

    手順17

    これはディスプレイを外すために作り出した、分解用のホットベッドです。しかし私たちの忍耐力はこの接着剤に試されており、結局、山のようなiOpenerを諦めて再度ヒートガンを使用しました。

    手順18

    生体認証との対面です。

    手順19

    今のところはこれで終了です!Galaxy S9+の分解された姿をじっくりとお楽しみください。iFixitからの更なる分解レポートをお楽しみに!(この分解レポートも随時更新予定です)

    手順20 — 分解を終えて

    Samsung Galaxy S9+の修理容易度は4/10です(10が最も修理しやすい)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります