メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 18を翻訳中

手順18
Time for a biometrics faceoff.
  • Time for a biometrics faceoff.

  • On the left, looking pretty much exactly like what we found last year, we have the S9+ hardware: iris scanner, front-facing camera, IR emitter, and proximity sensor (likely AMS TMD4906).

  • On the right, the raison d'être for Apple's infamous notch: Face ID hardware including a front-facing camera, IR dot projector, IR camera, plus room for the flood illuminator and rangefinder embedded in the display.

  • Some assembly required.

  • Based on early reviews, it may have been overly ambitious of Samsung to jump on the Animoji train without a hardware update to bring it up to speed.

生体認証との対面です。

画像の左側はS9+で、前年に見つけたパーツと非常によく似たものを見つけました。それは虹彩スキャナ、前面カメラ、赤外線照射器、近接センサ (おそらくAMS TMD4906)です。

右側は分解されたiPhone Xで、 Appleの悪名高いノッチ(切り欠き)と言われる理由が分かります。前面カメラを含むFace IDハードウェア、赤外線ドット投射器、赤外線カメラ、投射イルミネータと測距装置がディスプレイに組み込まれています。

ということは、いくつかのアセンブリが必要です。

S9+のレビューを考慮すると、Samsungがハードウェアのアップデート無しにアニ文字に飛び乗ったのはかなり野心的だったのかもしれません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります