メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone X のバッテリーの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

iPhone Xのペンタローブネジの交換

液晶パネルの開け方

iPhone Xのディスプレイアセンブリの交換

iPhone Xの下側スピーカーの交換

iPhone XのTaptic Engineの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      iPhone Xのバッテリーは4本のストレッチタイプの接着ストリップ(引っ張って外すタイプ)によって固定されています。1本はバッテリーの上部に、3本は下部に付いています。

      手順2

      最初の接着ストリップをバッテリーの下側から取り出します。

      手順3

      同じ手順で、残りの2本の接着タブについてもバッテリー下側の端から外します。

      手順4

      次の手順では、各接着ストリップをバッテリーの底からゆっくりと引っ張ります。この特殊な引っ張って外すタイプのストリップは、伸ばすと接着面が失われるようになっています。接着ストリップが取り出せたらバッテリーは簡単に持ち上がります。

      手順5

      接着ストリップの3本のうち、外側のどちらかを掴み、ゆっくりとバッテリーからiPhoneの下側に向けて引っ張ります。

      手順6

      先に取り出したストリップと反対側の取り出し作業に移ります。同じ手順を繰り返してください。中央の接着ストリップは最後に取り出します。

      手順7

      中央のストリップを取り出します。スピーカーのフレックスケーブルに引っ掛からないようご注意ください。

      手順8

      この最後のプルタブは、Face IDのハードウェアの非常に近くにあります。Face IDにダメージを与えてしまうと、Appleでしか修理できませんので、作業は慎重に行ってください。

      手順9

      最後の接着ストリップを引っ張り、取り出します。

      手順10

      バッテリーの底で接着ストリップが切断してしまいリアケースに付いたままの場合はiOpener かヘアドライヤーを準備して、バッテリー裏のリアケースに直接熱をあててください。

      手順11

      バッテリーの下端を掴み、iPhoneから取り出します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります