メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

HomePodの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    Appleはどんなテクノロジーをこの中に隠しているのでしょうか?これまでに判明しているスペックです。

    手順2

    この3つのラインアップを比較すると、HomePodはさほど背は高くはないものの、一番手強そうです。

    手順3

    さて本体の底にひっそりとプリントされた規定ラベルを確認してみましょう。

    手順4

    まず最初に、Appleのシームレスな3Dアコースティックメッシュを詳しく見てみましょう。

    手順5

    X線画像によると、本体底にネジが留められているようです。そこで、フット部分の接着剤に向けて集中的に熱を当てました。ヒートガンから相当な熱が放たれた後、ゆっくりとフット部分が剥がれてきました。

    手順6

    しかしこのトルクスネジは思ったほどフレンドリーではないようです。ネジを外してもプラスチックのプレートが付いており…未だに外せません。メッシュがプレートの内側への侵入を阻止しているようです。

    手順7

    次は何か鋭利なものが必要です。できればこのメッシュは切断したくないのですが、この状態では到底無理です。実は、ファンシーなファブリックを切断する分解は、初めてではありません。

    手順8

    新開発されたシームの利点:このスリーブの中にどんな繊維のマジックが織り込まれているのか確認しなければなりません。

    手順9

    進入口を模索しながら、接着剤で固定された上蓋を剥がします。上蓋を固定しているネジがありますが、ネジを外してもどこへも繋がっていません。

    手順10

    本体上部で楽しいライトの投影をしてくれる基板を取り出せます。基板上のチップは以下の通りです。

    手順11

    この取り出したディスクには精巧な引き紐状のモーリング(錨のような留め金)が付いており、反対側にはメインの基板があります。

    手順12

    最後に私たちには勝ち目のなさそうなシームが残っています。ついに弓ノコ(と超音波カッター)を用意して、この超強力なウーファーを外すことにしましょう。

    手順13

    このスピーカーの要塞に侵入するため、接着剤をスライスしてこじ開けると、最後の障害物にたどり着きました。ネジ状のリングです。

    手順14

    さて、HomePodという玉ねぎから剥く次の皮は2つのパーツで構成される電源です。これは交流/直流の変換を行うインナーロックと電流を8つのスピーカー全てに交配するアウターリングを搭載しています。

    手順15

    第2番目の電源、配電用リングが釣り針にひっかかりました。

    手順16

    樽のようなHomePodに接着剤で固定された小さな基板を取り出すため格闘しています。そしてマイクアレイ用にSynaptics製Conexant CX20810ADCチップが2つ搭載されていることを発見しました。

    手順17

    次にHomePodからまた別のネジ状リングを取り出すと、ついに電導性電気ポスト付き7つのツイーターにアクセスできます。

    手順18

    ツイーターアセンブリが開くと、HomePodから”迫力感ある”音響を作り出す通気式ホーン搭載のツイーターを詳細に点検できます。

    手順19

    これが全部のパーツです。ここにあるパーツをすべて合わせるとHomePodと言われるSiriハウスが完成します。

    手順20 — 分解を終えて

    AppleのHomePodのリペアビリティのスコアは10点中1点です。(10点が最も修理しやすい指標です)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります