メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 10を翻訳中

手順10
De-shielding that board shows us some of the fun that's running the light show up top: Texas Instruments TLC 5971 LED Driver Cypress CY8C4245LQI-483 Programmable System-on-Chip, likely tasked with touch control
  • De-shielding that board shows us some of the fun that's running the light show up top:

  • Texas Instruments TLC 5971 LED Driver

  • Cypress CY8C4245LQI-483 Programmable System-on-Chip, likely tasked with touch control

  • The flip side of the board houses the LEDs and the diffuser that gives the indicator its cloudy look.

  • The plus and minus symbols are cut straight through the board, and each has its own little triad of LEDs plus a light guide to aim the photons where they're needed most.

  • The top side of the board (second photo) sports a neatly organized pattern of tiny divots—possibly a capacitive grid, like on the Google Home, for registering your taps and touches on the surface above.

本体上部で楽しいライトの投影をしてくれる基板を取り出せます。基板上のチップは以下の通りです。

Texas Instruments TLC 5971 LED Driver

CypressCY8C4245LQI-483プログラム可能なSystem-on-Chip。タッチコントロールと同様のタスク。

基板裏側はLEDとインジケーターをスモーク効果のようにさせるディフューザーがあります。

プラスとマイナスの記号は基板上からそのまま直接表示されます。プラスとマイナスどちらも3つの小さなLEDライトと、光を四方に散らさず上部に向けてライトを照らすためのライトガイドが付いています。

基板の上部(2番目の画像)には綺麗に整列された小さなディボットが搭載されています。これはおそらくGoogle Homeでも使われていた容量性グリッドだと思われます。これにより表面上のタップやタッチをセンシングできます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります