メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

英語
日本語

iMac Proの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    分解するのは、iMac Proのベースモデルです。

    手順2

    この輝くばかりのスペースグレイのアクセサリー(Magic Mouse, Magic Keyboard)を箱から出す瞬間がやってきました。この興奮をどうやったら収めれるでしょう。そして………!(◎_◎;)

    手順3

    ポート接続を確認します。

    手順4

    このモデルの開口方法はiMac 5Kと同じ方法だと賭けに出ましたーすなわち、ピザカッターがあればiMac Proは開くということです。

    手順5

    この巨大なデュアルファンクーラーをまずは取り出します。

    手順6

    AirPortカード機能は、理由は分かりませんがメインボード上に搭載されています。Appleは5Kモデル以降モジュールを廃止しました。しかし同軸ケーブル用の風変わりな新固定クリップがあります。

    手順7

    ボードを取り出して、まず最初にRAMの点検に取り掛かりましょう。

    手順8

    さて本題の分解に戻りましょう。つぎはツインの"SSD"です。

    手順9

    この巨大なヒートシンクの下には何が隠れているか知りたいですか?私たちもです。トルクスネジをさらに幾つか外して、取り付け用バネを取り出すと、答えが分かります。

    手順10

    基板を取り出しました。さてチップの正体を確認する時間です。

    手順11

    裏側です。

    手順12

    最後のチップ情報ですが、ここで大取りです。SSDスロット付近を探ると2つのカスタム製Appleチップを見つけました。

    手順13

    基板を取り出すと、500 Wのパワーサプライを外せます。

    手順14

    このiMacの外殻は若干剥き出しのように見えますが、まだ作業は終わっていません。次は"増強されたステレオスピーカー"を見ていきましょう。

    手順15

    このボディをパーツに分解しました。その後はあまり残っていませんーディスプレイをサポートしている素晴らしいバネ仕掛けの蝶番が残っているぐらいです。

    手順16

    ディスプレイを詳細に見ていきましょう。iMac 5Kに搭載されていたものと同じパネル(LG ディスプレイモデル番号LM270QQ1)が使用されていることが判明しました。

    手順17

    これにて終了です。この野獣を新しい放熱グリスで再組み立てをしてから、ゲームコンソールを使ってゲームをしてみます。

    手順18 — 分解を終えて

    iMac Proのリペアビリティスコアは10点中3点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります