メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

英語
日本語

手順 12を翻訳中

手順12
Last but far from least, hovering near the SSD slots, we have two custom Apple chips: Apple T2 339S00467 layered over SK Hynix H9HKNNNBRUMUVR-NLH LPDDR4
  • Last but far from least, hovering near the SSD slots, we have two custom Apple chips:

  • Apple T2 339S00467 layered over SK Hynix H9HKNNNBRUMUVR-NLH LPDDR4

  • Apple 338S00268—this chip's a bit of a mystery. In our initial excitement we thought it was the rumored A10 Fusion coprocessor, first seen in the iPhone 7, but the package size is too small (roughly 7.4 mm each side). Best guess: this is an Apple/Dialog Semi power management IC.

  • The successor to the T1 chip introduced in 2016's MacBook Pro with Touch Bar, the T2 is tasked here with all the functions of the SMC, image signal processing for the camera, audio control, and SSD controller, and Secure Enclave, and a hardware encryption engine. Whew!

  • The downside to all this added functionality and security is a major headache if your iMac Pro ever has to be restored.

最後のチップ情報ですが、ここで大取りです。SSDスロット付近を探ると2つのカスタム製Appleチップを見つけました。

SK Hynix H9HKNNNBRUMUVR-NLH LPDDR4に積層されたApple T2 339S00467

Apple 338S00268ーこのチップは少し謎めいています。最初、これがiPhone 7で登場した噂のA10Fusion コプロセッサだと考えていましたが、パッケージサイズが若干小さいのです。(各辺約7.4 mm) 現在の予想:これはApple/Dialog Semi パワーマネージメントICではないかと考えています。

Touch Bar付き2016年MacBook Proに搭載されていたT1チップの次世代T2が搭載されています。T2の役割はSMCカメラ用の全機能、イメージシグナルプロセッサ、オーディオコントロール、SSDコントローラー、Secure Enclave、ハードウェア暗号エンジン機能です。すごい!

この追加された機能と強化されたセキュリティのマイナスポイントはiMac Proを回復したいときに頭痛の種となります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります