メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

ディスプレイアセンブリの必要要件

パーツ

パーツは指定されていません。

    • 次の2つの手順ではiPhone 6 Plusを安全に開口できる素晴らしいツールiSclackの使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。iSclackをご利用になられない方は次の2つの手順をスキップしてください。

    • プラスチックのデプスゲージが iSclack中央に挟まっている場合は外してください。 iPhone 6 Plusのような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSclackのハンドルを閉じ、吸盤カップを開きます。

    • iPhone下部本体を吸盤カップの間に配置します。

    • ディスプレイ側の吸盤カップはホームボタン付近に装着します。

    • ハンドルを開いてiSclackの両カップを閉じます。吸盤カップをiPhoneの両側にしっかりと取り付けます。

    • バックガラスもしくはディスプレイの飛散状況が酷い場合は、透明な梱包用テープで表面を覆ってから吸盤カップを装着してください。iSclackには、このような目的で使用するためのテープが2枚入っています。

  1. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackのハンドルを閉めながら吸盤カップを両側へ開いていきます。背面ケースからフロントパネルが引き上がってきます。 iSclackは安全にiPhoneを開口できるよう設計されていますが、ディスプレイケーブルに損傷を与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackのハンドルを閉めながら吸盤カップを両側へ開いていきます。背面ケースからフロントパネルが引き上がってきます。

    • iSclackは安全にiPhoneを開口できるよう設計されていますが、ディスプレイケーブルに損傷を与えてしまうことがあります。

    • iPhoneから2つの吸盤カップを外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順7までお進みください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

645,203 ポイント

1,203のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1

過去 30 日: 4

今までの合計 496