メインコンテンツにスキップ

はじめに

白のプラスチック製ケースです。

  1. iPodを開口する前に、必ずホールドスイッチをロックします。
    • iPodを開口する前に、必ずホールドスイッチをロックします。

  2. スパッジャーを使って、白のプラスチック製ホールドスイッチを持ち上げます。
    • スパッジャーを使って、白のプラスチック製ホールドスイッチを持ち上げます。

  3. USBポートにキャップが付いている場合は取り外します。
    • USBポートにキャップが付いている場合は取り外します。

  4. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  5. 次の手順は、非常に難しく、時間がかかります。iPodにダメージを与えないようにするため、必ずゆっくりと忍耐強く作業を進めてください。
    • 次の手順は、非常に難しく、時間がかかります。iPodにダメージを与えないようにするため、必ずゆっくりと忍耐強く作業を進めてください。

    • Exactoナイフを使って、iPodのUSBポートを留めている接着剤を剥がします。iPodの2つの部分の間の継ぎ目に沿ってナイフをスライドします。接着剤が完全に解放されるまで、この端に沿ってナイフを20-30回スライドしてください。

  6. 続けて、接着剤が解放されるまで、USBポートの4つ全ての端周辺でナイフを動かします。接着剤を剥がすために、ナイフを左右に慎重に揺り動かしてください。
    • 続けて、接着剤が解放されるまで、USBポートの4つ全ての端周辺でナイフを動かします。接着剤を剥がすために、ナイフを左右に慎重に揺り動かしてください。

  7. スパッジャーを使って、ヘッドホンジャックを押し込み、ハウジングからUSBポートをスライドして、取り出します。
    • スパッジャーを使って、ヘッドホンジャックを押し込み、ハウジングからUSBポートをスライドして、取り出します。

    • USBポートが解放されない場合、USBポートを留めている全ての接着剤が解放されたか確認してください。USBポートを引っ張ることは、推奨しません。リボンケーブルは脆く、USBポートが突然解放されたときに切断してしまう可能性があるからです。

  8. USBポートが解放されたら、ハウジングからUSBポートを注意深くスライドして、取り出します。USBポートをロジックボードに接続しているリボンケーブルがまだあるので、引っ張りすぎないでください。
    • USBポートが解放されたら、ハウジングからUSBポートを注意深くスライドして、取り出します。USBポートをロジックボードに接続しているリボンケーブルがまだあるので、引っ張りすぎないでください。

  9. 続けて、スパッジャーを使って、ケースからiPodをスライドして、取り出し、ヘッドホンジャック付近のロジックボードを押し込みます。
    • 続けて、スパッジャーを使って、ケースからiPodをスライドして、取り出し、ヘッドホンジャック付近のロジックボードを押し込みます。

  10. クリックホイールが上向きになるようiPodの向きを変えます。これによって、バッテリーインジケータの落下を防ぎます。
    • クリックホイールが上向きになるようiPodの向きを変えます。これによって、バッテリーインジケータの落下を防ぎます。

    • バッテリーインジケータが落下してしまったら、iPodを再度組み立てる前に忘れずに交換してください。バッテリーインジケータを元の位置に戻すのが難しい場合があります。iPodのケース先端からスライドして、ケース内のスロットに入れます。

    • ケースからiPodをスライドして、取り出します。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

5 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

iRobot

メンバー登録日: 2009年09月24日

1 ポイント

624のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 4

過去 30 日: 18

今までの合計 12,144