メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

バッテリーが長持ちしませんか?交換しましょう。

  1. iPodを開口する前に、ホールドスイッチがロックされていることを確認してください。オレンジ色のバーが見えるときは、ホールド中であることを示しています。
    • iPodを開口する前に、ホールドスイッチがロックされていることを確認してください。オレンジ色のバーが見えるときは、ホールド中であることを示しています。

  2. iPodの右端、プラスチック製フロントパネルとメタル製リアパネルの間の継ぎ目にできるだけ深く開口ピックを差し込みます。 ピックを前後に動かす必要があるかもしれません。 開口ピックを使って、プラスチック製フロントパネルに対して持ち上げ、5つの固定タブを解放します。
    • iPodの右端、プラスチック製フロントパネルとメタル製リアパネルの間の継ぎ目にできるだけ深く開口ピックを差し込みます。

    • ピックを前後に動かす必要があるかもしれません。

    • 開口ピックを使って、プラスチック製フロントパネルに対して持ち上げ、5つの固定タブを解放します。

    • iPod端に沿ってピックをスライドし、残りの固定タブを解放します。

    • 右側沿いの全ての5つのタブが解放されたら、ケースを容易に開口できるはずです。

  3. これで、iPodケースが開きましたが、2つのコンポーネントはまだ外れていません。ヘッドホンジャックをロジックボードに接続しているオレンジ色のリボンケーブルがあります。
    • これで、iPodケースが開きましたが、2つのコンポーネントはまだ外れていません。ヘッドホンジャックをロジックボードに接続しているオレンジ色のリボンケーブルがあります。

    • ドックコネクタ端を上にして、ケースを本のように開口し、iPodのフロントハーフの隣にリアパネルを置きます。

  4. プラスチック製ツールや指の爪を使って、オレンジ色のヘッドホンジャックケーブルの接続を注意深く外します。ケーブルではなく、コネクタのみをまっすぐ引き上げてください。
    • プラスチック製ツールや指の爪を使って、オレンジ色のヘッドホンジャックケーブルの接続を注意深く外します。ケーブルではなく、コネクタのみをまっすぐ引き上げてください。

    • このリボンケーブルはとてもデリケートです。バッテリーを交換する場合は、この手順をスキップして、ヘッドホンジャックをマザーボードに繋いだままの状態にすることができます。リアケースをボックスに衝立てて、テープで固定してください。デリケートなヘッドホンジャックケーブルを圧迫しないようにご注意ください。

  5. ロジックボードから白のバッテリーコネクタの接続を注意深く外します。ケーブルではなく、コネクタのみを引っ張ってください。
    • ロジックボードから白のバッテリーコネクタの接続を注意深く外します。ケーブルではなく、コネクタのみを引っ張ってください。

  6. ロジックボードの左側から黒のT6トルクスネジを2本外します。
    • ロジックボードの左側から黒のT6トルクスネジを2本外します。

  7. 片手でハードドライブ を持ち上げて、下のバッテリーにアクセスします。
    • 片手でハードドライブ を持ち上げて、下のバッテリーにアクセスします。

    • バッテリーケーブルをロジックボード周辺に慎重に通します。 バッテリーケーブルを外す際は、ロジックボードをあまり上げすぎないように注意してください。

  8. バッテリーのリード線でバッテリーを引き上げて、フロントケースからバッテリーを持ち上げます。
    • バッテリーのリード線でバッテリーを引き上げて、フロントケースからバッテリーを持ち上げます。

    • 必要に応じて、バッテリーをつかんで、フロントケースに固定している接着剤を剥がします。

    • スパッジャーを使って接着剤からバッテリーをこじ開けます。

    • フロントケースからバッテリーを持ち上げて取り出します。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

542 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

iRobot

メンバー登録日: 2009年09月24日

1 ポイント

648のガイドは作成済み

52 件のコメント

Biggest trouble I had was step one. I actually broke the edge off the large tool. A note somewhere else on this site recommended using a razor which work far more easily then the large blue tool. Common sense, your using a sharp razor, be careful!

As previously noted the screws are TINY, very easy to lose of you drop one.

I jockeyed the battery to get just a crack of space and then used the spluger tool to pry the battery free from the adhesive, very strong.

My IPOD is currently recharging for the first time in years. :o)

msdaly59 - 返信

I have a 4thG original ipod. This was a simple process and it was successfully completed. The ipod was able to be synced after 6 months of sitting in a drawer. The only issue so far is that the entire ipod gets warm to the touch while it's charging. Hopefully that will lessen after subsequent charges. The only bit of confusion in the instructions is the beginning step of inserting the ipod tool at the top. I thought I was trying to unlatch a tab there but there is none on top. Otherwise everything else was clear and exactly as described and pictured.

Nando - 返信

Broke the cute blue soft plastic tools that came with it. Used a credit card to open it up - worked miraculously well!!! Started up great!! Ooops - forgot the torque screws - opened it again.....closed it again. My iPod works again after years of hibernation!

Art Ikobo - 返信

piece of cake, good to have the old girl running again...even though I rarely use it anymore. Like motorcycles...nice to have the old ones running.

firus - 返信

Ifixit, you're awesome !!! Took me about 10 minutes and now I have my 18,000 tunes library back. Marley, LedZep and Pink Floyd are alive again. If a 60 year old can do it, anyone can. Iriemon. 10/17/2013

pcbeachbroker - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 25

過去 7 日: 209

過去 30 日: 838

今までの合計 208,567