はじめに

バッテリーが長持ちしませんか?交換しましょう。

  1. iPodを開口する前に、ホールドスイッチをロックします。
    • iPodを開口する前に、ホールドスイッチをロックします。

  2. iPodの開口作業は、難しいです。iPodを開けるまで何度かかってもやる気をなくさないでください。
    • iPodの開口作業は、難しいです。iPodを開けるまで何度かかってもやる気をなくさないでください。

    • 白のプラスチック製フロントとiPodのメタル製バックの間の継ぎ目にプラスチック製iPod開口ツールを差し込みます。ツールを差し込んだら、継ぎ目に沿ってスライドし、iPodを固定している5つのタブを解放します。

  3. 5つ全てのタブが解放されるまで、開口ツールをケースの側面に沿ってスライドします。
    • 5つ全てのタブが解放されるまで、開口ツールをケースの側面に沿ってスライドします。

  4. iPodの角あたりまで開口ツールを進め、ドックコネクタ付近の、iPodを固定している2つのタブを同時に解放します。
    • iPodの角あたりまで開口ツールを進め、ドックコネクタ付近の、iPodを固定している2つのタブを同時に解放します。

  5. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  6. iPodを固定している5つのタブを同時に解放します。iPodのフロントパネルを慎重に揺り動かすと、タブを解放できます。
    • iPodを固定している5つのタブを同時に解放します。iPodのフロントパネルを慎重に揺り動かすと、タブを解放できます。

  7. ヘッドホンジャックに引っかからないよう注意しながら、iPadからリアパネルを持ち上げて外します。
    • ヘッドホンジャックに引っかからないよう注意しながら、iPadからリアパネルを持ち上げて外します。

  8. バッテリー上部に貼られたメタルテープを剥がします。
    • バッテリー上部に貼られたメタルテープを剥がします。

  9. ハードドライブからバッテリーを持ち上げて、iPodの隣に置きます(まだロジックボードに接続されています)。
    • ハードドライブからバッテリーを持ち上げて、iPodの隣に置きます(まだロジックボードに接続されています)。

  10. Firewireポート付近のハードドライブ先端を持ち上げると、バッテリーコネクタにアクセスし易くなります。
    • Firewireポート付近のハードドライブ先端を持ち上げると、バッテリーコネクタにアクセスし易くなります。

  11. ロジックボードから白のバッテリーコネクタの接続を注意深く外します。ケーブルではなく、コネクタのみを引っ張ってください。
    • ロジックボードから白のバッテリーコネクタの接続を注意深く外します。ケーブルではなく、コネクタのみを引っ張ってください。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

12 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

iRobot

メンバー登録日: 2009年09月24日

1 ポイント

623のガイドは作成済み

コメント1件

Nice easy fix. Modern batteries are twice the capacity too. These old gen iPods are great. Nice to have an apple product not made in China.

peter barker - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 14

過去 30 日: 133

今までの合計 20,931