メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

Lightningコネクタと下側マイク、アンテナコンバーターケーブルを含むLightningコネクタアセンブリを交換するための修理ガイドです。

  1. SIMカード取り出しツール、ドライバーのビット、あるいはペーパークリップをまっすぐ伸ばした部分をSIMカードトレイの小さな穴に挿入します。 トレイが出るまで押します。
    • SIMカード取り出しツール、ドライバーのビット、あるいはペーパークリップをまっすぐ伸ばした部分をSIMカードトレイの小さな穴に挿入します。

    • トレイが出るまで押します。

    • この作業にはかなりの力が必要です。

  2. iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。 SIMカードは容易にトレイから取り外せます。
    • iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。

    • SIMカードは容易にトレイから取り外せます。

    • SIMカードを再び挿入する時は、トレイに対してSIMカードが適切な向きになっていることを確認してください。

    • SIMカードトレイ外周の薄いゴムのガスケットは、液体や埃から保護するものです。ガスケットにダメージがあったり紛失している場合は、iPhoneの内部コンポーネントを保護するためにガスケットの交換、またはSIMカードトレイごと交換してください。

  3. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口してしまうと、防水用シールが破壊されます。この手順から次に進む前に、交換用シールを準備してください。シールを交換しない場合は、液体侵入にご注意ください。

  4. iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhone下部端に約90秒間あてます。

  5. ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

    • ディスプレイの亀裂のダメージが大きい場合、吸盤カップがしっかりと装着させるために透明の梱包テープを表面に貼ります。あるいは、強力テープで吸盤カップを作ってディスプレイを引き上げることもできます。それでも上手くいかない場合は、圧着/接着剤を付けた吸盤カップを壊れたスクリーン上に装着します。

  6. 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックを挿入します。 ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックを挿入します。

    • ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

    The screen on my phone was so broken, a suction cup did not work, so I softened the adhesive with a blow dryer and used a Jimmy to carefully pry open the phone from the bottom just enough to slip a pick in.

    charguy - 返信

    Just completed a smashed screen replacement, this is probably the most time consuming part. Used packing tape to cover the screen to help create a suction surface (had to replace it a couple times because it pulls away after a purple good pulls ) Used consistent heat for about 5 minutes, then stuck a pick in the tiniest opening… and pry pry pry!

    Brian Gill - 返信

  7. 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。 ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

    • ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。

  8. iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。

  9. ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。 ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  10. ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  11. ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。 ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  12. 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。 いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

    Nach RECHTS klappen - nicht nach links!

    Manfred Wachtel - 返信

    • 下側にあるディスプレイケーブルのブラケットをロジックボードに固定している4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 2本の2.8 mmネジ

    • この修理ガイドでは、ネジを安全に保管してください。再組み立ての際は、全てのネジをオリジナルの正しい位置に戻します。ネジを間違った場所に取り付けてしまうと、永続的なダメージを与えてしまいます。

    • ブラケットを取り外します。

    Not Y000 this time haha

    Easy Repair - 返信

    can same length screws mixed up?

    Brook布魯克 - 返信

    It is not ideal, but possible for these screws.

    Arthur Shi -

    using the repair kit i purchased with my screen replacement, i am currently having issues removing these screws with the PH000. please help

    Mark Ordaz - 返信

    I was too, thankfully I had another set that contained the PH00 bit, that worked great for me.

    William Mitchell -

  13. スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。 バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

  14. スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  15. スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  16. フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。 ブラケットを取り出します。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。

    • ブラケットを取り出します。

    If you are replacing the adhesive liner, the remaining release liner strips will interfere with the two outer screws. I had to cut a working section out of the liner at each location and move it aside with the spudger.

    Thomas Tritt - 返信

    This part is throwing me for a loop. Having difficulty finding the read head for these screws. Is it the same size as the two small 1.3mm screws in step 12?

    Jared Hensley - 返信

    ended up getting it with the PH000, I must of just been rushing it.

    Jared Hensley - 返信

  17. スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。

  18. ディスプレイアセンブリを取り外します。

    Hi ifixit, if you find my method dangerous, please remove it.

    After Step 17, I skipped Step 18 to Step 28.

    At Step 29, I lifted up the four adhesive black pull-tabs to expose the white adhesive side. Next, I use hot air gun and blow on the back cover of the iphone for about a minute (maybe a hairdryer will work too) .

    Warning: Don't overheat the iPhone, or you may accidentally ignite the battery.

    I think the temperature was around 60 DegC.

    Extreme Caution: Do Not overheat. I use my hand to gauge the hotness. Careful not to burn yourself or the board.

    I was able to pull out all the white adhesive tapes easily as the adhesive soften.

    DO NOT TRY this method if you are a novice or inexperience! I am not responsible if you hurt yourself or damage your iphone!

    John - 返信

    Hey John! I’m glad the repair worked out for you!

    From our research, applying heat does soften the adhesive strips, but it also causes them to lose structural integrity and break more easily. That’s why we normally suggest using heat after the strips are already broken. Removing the Taptic Engine definitely takes a few extra steps, but we feel that it gives fixers the best chance of pulling out the adhesive strips intact.

    Arthur Shi -

  19. Taptic Engineの横にあるブラケットを固定している3本のネジを外します。
    • Taptic Engineの横にあるブラケットを固定している3本のネジを外します。

    • 1.3mm Y000ネジ1本

    • 2.7mm プラスネジ1本

    • 2.9mm プラスネジ1本

    My phone had Phillips screws in all three places, so I did not need the Y000 screwdriver bit.

    Daryl Maunder - 返信

    I don’t see the point in steps 18-27 if we’re only changing the battery. I pulled out the sticky tape with taptic and all this other jazz still intact. Am I missing something? Reconnecting that taptic connection cost me 5 years off my life, needlessly.

    William Mitchell - 返信

    Hey William!

    We instruct people to remove the Taptic Engine in order to minimize the chance that the battery adhesive will tear when you try to pull it out. The steep angle you have to pull the adhesive with the Taptic Engine installed dramatically increases the chance that the adhesive will break under the battery.

    Arthur Shi -

  20. ブラケットを外します。
    • ブラケットを外します。

  21. アンテナのフレックスケーブルからスピーカー上部まで開口ピックを静かにスライドさせます。 フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。 フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。
    • アンテナのフレックスケーブルからスピーカー上部まで開口ピックを静かにスライドさせます。

    • フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。

  22. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  23. スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。 スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。

  24. ソケットが持ち上がらないように固定するため、開口ピックをアンテナのフレックスケーブルの下にスライドさせます。 ソケットが持ち上がらないように固定したまま、スパッジャーの尖った先端のほうを使ってアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて取り外します。 このケーブルの再接続にはご注意ください。ピンセットを使ってフレックスケーブルを固定すると、コネクタを正しい位置に合わせやすくなります。スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタが所定の位置にカチっとはまるまでコネクタを真下に押します。
    • ソケットが持ち上がらないように固定するため、開口ピックをアンテナのフレックスケーブルの下にスライドさせます。

    • ソケットが持ち上がらないように固定したまま、スパッジャーの尖った先端のほうを使ってアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて取り外します。

    • このケーブルの再接続にはご注意ください。ピンセットを使ってフレックスケーブルを固定すると、コネクタを正しい位置に合わせやすくなります。スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタが所定の位置にカチっとはまるまでコネクタを真下に押します。

    Don’t worry if the socket lifts up a bit as you get it out. You’ll need to lift it up later (Step 25) so don’t push it back into place yet.

    Daryl Maunder - 返信

    Every instruction online (including your YouTube video) leaves the Taptic Engine in place. This added step did not help with battery replacement, and led to an hour of frustration trying to get the connector back in place.

    jgrsf - 返信

  25. Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを取り外します。
    • Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを取り外します。

  26. Taptic Engineを固定している2本のネジを取り外します。
    • Taptic Engineを固定している2本のネジを取り外します。

    • 2.1mm プラスネジ1本

    • 2.1mm スタンドオフネジ1本

    • Standoffネジを取り外すにはiPhone Standoff Screwdriver Bitdriver handleを使うのがベストです。

    • 必要であれば、小型のマイナスドライバーで作業しますが、周りの部品に滑らせたり損傷させないように注意してください。

    Tiene que ser una broma que en el kit no te venga el destornillador plano para abrir el tornillo separador. Me habeis dejado a mitad

    Charlie - 返信

    Why is this screwdriver bit not included in the fix kit?

    It’s more important to get this unusual piece than a common Phillips head.

    Daryl Maunder - 返信

    When reinstalling the standoff that connects to the Taptic Engine, I found that the pointy tip of the spudger fits really well into the little hole at the top of the standoff, and helps with getting it into place and screwing it down if you don’t have a screwdriver bit for the standoff. Hope this is helpful!

    Daniel Timothy Case - 返信

  27. スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタから持ち上げます。 スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタから持ち上げます。
    • スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタから持ち上げます。

    Just a heads up, I found a small bit of adhesive tape between the antenna cable socket and the connector below.

    Nic Giannandrea - 返信

    Yep, I did find it too. Thanks

    Stefano Restuccia -

    Hola,

    Se me ha roto ese conector pequeño de la antena y no encuentro donde puedo comprar un repuesto. ¿Alguna idea?

    Gracias

    Eduardo Moral - 返信

    I also found adhesive between the antenna cable socket and the connector below. I was not able to separate the two (mediocre middle-aged vision and lack of leverage to create the separation), and therefore was not able to fully disconnect the haptic engine. Instead, I gently wriggled the haptic engine out and, leaving it connected, rotated it 180 degrees and out of the way toward the bottom right corner of the phone. I am hoping that I have not damaged the thin ribbon cable. On the up side, for the first time ever I was able to remove the adhesive strips from under the battery (they didn’t break).

    John Weise - 返信

    I just want to follow up to say that I did not damage the thin ribbon cable connecting the Taptic Engine. I did forget to reconnect it, though. Once I got that straight, it worked fine.

    John Weise -

  28. スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。 スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。

    I found that this cable was glued down with similar adhesive to the screen. It pulled away as I removed the taptic engine from the phone (next step).

    Daryl Maunder - 返信

  29. Taptic Engineを取り外します。
    • Taptic Engineを取り外します。

  30. リアケースに気圧ベントを固定している次のネジを2本外します。
    • リアケースに気圧ベントを固定している次のネジを2本外します。

    • 2 mmプラスネジー1本

    • 1.8 mmプラスネジー1本

  31. iPhone底側の端にベントを固定している接着剤を剥がすため、気圧ベントをゆっくりとバッテリーの方向に押し上げます。 iPhone底側の端にベントを固定している接着剤を剥がすため、気圧ベントをゆっくりとバッテリーの方向に押し上げます。
    • iPhone底側の端にベントを固定している接着剤を剥がすため、気圧ベントをゆっくりとバッテリーの方向に押し上げます。

  32. 気圧ベントを取り出します。
    • 気圧ベントを取り出します。

  33. スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからカメラケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからカメラケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからカメラケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。

    • リアカメラのブラケットに固定された2本のネジを外します。

    • 3.0 mmプラスネジー1本

    • 3.1 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはiPhone用のスタンドオフネジドライバービットドライバーハンドルで外すのが一番です。

    • 緊急の際は、小サイズのマイナスドライバーを使うと上手くいきます。ーしかし、スリップして周囲のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

    The screw and standoff are the other way round in this step. The photo shows the small screw removed and the standoff securing the logicboard is circled incorrectly. Also you may find that the standoff screw is not magnetic, making it a little tricky to replace!

    Michael Millington - 返信

    Hi Michael,

    You are correct; thanks for catching that! The original image was correct, and for some reason the image was updated, and no longer correct. I have reverted it back to the original image.

    Arthur Shi -

    wrong Screws in Picture

    mmiller - 返信

  34. リアカメラのブラケットを取り出します。
    • リアカメラのブラケットを取り出します。

  35. スパッジャーの先端を使って、ソケットからフラッシュコネクタをまっすぐ引き抜いて接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ソケットからフラッシュコネクタをまっすぐ引き抜いて接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからフラッシュコネクタをまっすぐ引き抜いて接続を外します。

    The small connector is not actually for the flash, the flash and mic module are just below that and connect to the same cable as the power button.

    Bonrad C - 返信

  36. 上部ケーブルのブラケットに固定された2本のネジを外してください。
    • 上部ケーブルのブラケットに固定された2本のネジを外してください。

    • 2.9 mm プラスネジー1本

    • 1.3 mmプラスネジー1本

  37. 上部ケーブルブラケットを取り出します。
    • 上部ケーブルブラケットを取り出します。

  38. スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットから上部ケーブルコネクタを引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットから上部ケーブルコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットから上部ケーブルコネクタを引き抜きます。

  39. 上部左側アンテナコンポーネントに固定された1.3 mmプラスネジを3本外します。
    • 上部左側アンテナコンポーネントに固定された1.3 mmプラスネジを3本外します。

    1,2mm ! not 1,3mm ! thx

    Boni Zei - 返信

  40. アンテナコンポーネントとケース上部の端を固定している1.4 mm プラスネジを外します。
    • アンテナコンポーネントとケース上部の端を固定している1.4 mm プラスネジを外します。

  41. アンテナコンポーネントを取り出します。
    • アンテナコンポーネントを取り出します。

  42. ロジックボード上部左側の端の接地クリップを固定しているプラスネジを2本外します。
    • ロジックボード上部左側の端の接地クリップを固定しているプラスネジを2本外します。

    • 1.5 mmプラスネジー1本

    • 2.6 mmプラスネジー1本

  43. 接地クリップを取り出します。
    • 接地クリップを取り出します。

    what happen if don't put this part?

    albert saens - 返信

    Hi Albert,

    It’s hard to tell. Most phone functions will probably work, but you may start getting quirky problems.

    Arthur Shi -

    If it comes out it must go back in *no spare parts *

    Josh Brito - 返信

  44. マザーボードに固定された3本のネジを外します。
    • マザーボードに固定された3本のネジを外します。

    • 1.8 mmプラスネジー1本

    • 2.5 mmスタンドオフネジー1本

    • 2.2 mmスタンドオフネジー1本

    The One 1.8 mm Phillips screw was buried under some gasket material. It took some twezzer work to get that material off.

    A.J. Roest - 返信

  45. ピンセットを使って、ロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならない位置に折り曲げます。 ピンセットを使って、ロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • ピンセットを使って、ロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならない位置に折り曲げます。

  46. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出し用プランジャーを、ロジックボードから外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出し用プランジャーを、ロジックボードから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出し用プランジャーを、ロジックボードから外します。

  47. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタケーブルの接続を外します。

  48. スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタの接続を外します。

  49. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクタの先端を持ち上げます。 ケーブル側に引っ張らないようご注意ください。作業中抵抗を感じたら、全てのケーブル、コネクタとコンポーネントがボードから外れているか確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクタの先端を持ち上げます。

    • ケーブル側に引っ張らないようご注意ください。作業中抵抗を感じたら、全てのケーブル、コネクタとコンポーネントがボードから外れているか確認してください。

  50. バッテリーコネクター付近のロジックボード先端をつまんで持ち上げ、取り外します。 ケーブルをロジックボードに引っかけないようご注意ください。 ケーブルをロジックボードに引っかけないようご注意ください。
    • バッテリーコネクター付近のロジックボード先端をつまんで持ち上げ、取り外します。

    • ケーブルをロジックボードに引っかけないようご注意ください。

  51. リアケースにスピーカーを固定している次のネジを外します。
    • リアケースにスピーカーを固定している次のネジを外します。

    • 1.5 mmプラスネジー1本

    • 2.1 mmプラスネジー1本

  52. スピーカーを取り出します。
    • スピーカーを取り出します。

  53. Lightningコネクタケーブルを固定している3つのネジを外します。
    • Lightningコネクタケーブルを固定している3つのネジを外します。

    • 1.3 mmプラスネジー1本

    • 2.2 mmプラスネジー2本

  54. iPhone底側の端にLightningポートを固定している1.4 mmプラスネジを2本外します。
    • iPhone底側の端にLightningポートを固定している1.4 mmプラスネジを2本外します。

  55. スパッジャーの先端を使ってロジックボード側のマイクに付けられた固定用接着剤を剥がします。 マイクを完全に取り外さないでください。画像のように接着剤を剥がしてください。
    • スパッジャーの先端を使ってロジックボード側のマイクに付けられた固定用接着剤を剥がします。

    • マイクを完全に取り外さないでください。画像のように接着剤を剥がしてください。

  56. スパッジャーの先端を使ってバッテリー側マイクを接着剤から解放します。 マイクを完全に取り出さないでください。今のところは画像のように接着剤を剥がすだけです。
    • スパッジャーの先端を使ってバッテリー側マイクを接着剤から解放します。

    • マイクを完全に取り出さないでください。今のところは画像のように接着剤を剥がすだけです。

  57. 温めたiOpenerをiPhone下側に載せて、画像のように配置します。フレックスケーブルの接着剤が柔らかくなります。
    • 温めたiOpenerをiPhone下側に載せて、画像のように配置します。フレックスケーブルの接着剤が柔らかくなります。

  58. 開口ピックをLightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの下に差し込み、リアケースからケーブルを剥がします。 iPhoneの外側端に向けて(バッテリーから離れた位置で)開口ピックをゆっくりとスライドします。 ワイヤレス充電コイルのポートがLightningコネクタのフレックスケーブルのちょうど真下に搭載されています。激しい作業はコイルにダメージを与えてしまいますのでご注意ください。
    • 開口ピックをLightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの下に差し込み、リアケースからケーブルを剥がします。

    • iPhoneの外側端に向けて(バッテリーから離れた位置で)開口ピックをゆっくりとスライドします。

    • ワイヤレス充電コイルのポートがLightningコネクタのフレックスケーブルのちょうど真下に搭載されています。激しい作業はコイルにダメージを与えてしまいますのでご注意ください。

    • 必要に応じて、Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの下のエリアにヘアドライヤーもしくはiOpener を繰り返し当てて、接着剤を柔らかくしてください。スライドがしやすくなります。

  59. 周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながら、フレックスケーブルの上側の接着剤を剥がします。 バッテリーコネクタにダメージが入らないよう丁寧に折り曲げて、作業の邪魔にならないよう固定します。 バッテリー自体にダメージを与えないよう特にご注意ください。バッテリーに穴が開いてしまうと危険な化学物質が排出され引火の原因となります。
    • 周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながら、フレックスケーブルの上側の接着剤を剥がします。

    • バッテリーコネクタにダメージが入らないよう丁寧に折り曲げて、作業の邪魔にならないよう固定します。

    • バッテリー自体にダメージを与えないよう特にご注意ください。バッテリーに穴が開いてしまうと危険な化学物質が排出され引火の原因となります。

    • バッテリーの下側端をスライドできたら、作業をここで止めます。

  60. デバイス本体角のケーブルの下に開口ピックを差し込んで、Lightningコネクタ側に向けてスライドします。 Lightningコネクタまでスライドできたら作業を止めます。
    • デバイス本体角のケーブルの下に開口ピックを差し込んで、Lightningコネクタ側に向けてスライドします。

    • Lightningコネクタまでスライドできたら作業を止めます。

  61. Lightningコネクタをリアケースの穴から丁寧に外します。 Lightningコネクタをリアケースの穴から丁寧に外します。
    • Lightningコネクタをリアケースの穴から丁寧に外します。

  62. Lightningコネクタの下に開口ピックをスライドして、リアケースから残っているアセンブリを外します。 Lightningコネクタアセンブリとリアケース底が接着剤で固定されていない場所までピックをスライドします。
    • Lightningコネクタの下に開口ピックをスライドして、リアケースから残っているアセンブリを外します。

    • Lightningコネクタアセンブリとリアケース底が接着剤で固定されていない場所までピックをスライドします。

  63. ケースの左側端とLightningアセンブリの接着剤がついている部分の間に開口ピックを差し込みます。 ケースの左側端とLightningアセンブリの接着剤がついている部分の間に開口ピックを差し込みます。
    • ケースの左側端とLightningアセンブリの接着剤がついている部分の間に開口ピックを差し込みます。

  64. Lightningコネクタアセンブリを取り出します。 Lightningコネクタアセンブリを装着もしくは交換する前に次の点に留意してください。 プラスチックツールを使ってリアケースに残っている接着剤を全て綺麗に取り除いてください。高濃度イソプロピルアルコールを使って表面を綺麗に拭き取ります。
    • Lightningコネクタアセンブリを取り出します。

    • Lightningコネクタアセンブリを装着もしくは交換する前に次の点に留意してください。

    • プラスチックツールを使ってリアケースに残っている接着剤を全て綺麗に取り除いてください。高濃度イソプロピルアルコールを使って表面を綺麗に拭き取ります。

    • 残りの接着剤を取り除く前に、 フレックスケーブル上の穴とネジポストがきちんと合わさって、Lightningコネクタアセンブリが正しく配置されているか確認してください。 ケーブルの位置がずれていると、ロジックボードにケーブルを再接続できません。

  65. Lightningコネクター底面上にあるゴム製ガスケットはiPhoneを液体や埃から保護してくれます。 新しいLightningコネクタアセンブリを取り付ける際はガスケットを慎重に取り外して新しいパーツに移植してください。 各マイクの底に付けられた小さな接着剤シールもiPhoneを液体や粉塵の侵入から保護してくれます。 最善の方法としてLightningコネクタアセンブリを取り付ける前に、2つの接着剤パッチを交換してください。 新しい交換用パーツにアンテナ変換ケーブルが付いているかどうか確認してください。もし付いていない場合はスパッジャーの先端を使って、Lightningアセンブリからケーブルを外して新しいパーツに移植してください。
    • Lightningコネクター底面上にあるゴム製ガスケットはiPhoneを液体や埃から保護してくれます。 新しいLightningコネクタアセンブリを取り付ける際はガスケットを慎重に取り外して新しいパーツに移植してください。

    • 各マイクの底に付けられた小さな接着剤シールもiPhoneを液体や粉塵の侵入から保護してくれます。 最善の方法としてLightningコネクタアセンブリを取り付ける前に、2つの接着剤パッチを交換してください。

    • 新しい交換用パーツにアンテナ変換ケーブルが付いているかどうか確認してください。もし付いていない場合はスパッジャーの先端を使って、Lightningアセンブリからケーブルを外して新しいパーツに移植してください。

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツを比較してください。残りのコンポーネントを移したり、装着前に新しいパーツの装着テープを剥がす必要があります。

デバイスを再組み立てする際には、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

作業がうまく進みませんか?トラブルシュートにはiPhone 8 のアンサーコミュニティを参照してください。

41 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

116,150 ポイント

340のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

125 メンバー

11,822のガイドは作成済み

11 件のコメント

I love how you mention the “antenna converter cable” twice but never show what the &&^& that part even looks like??

I only hate Humans. - 返信

Sorry about that! It’s actually shown in the 3rd image in the last step. I cropped the photo so that it’s zoomed in more to show it.

Arthur Shi -

I would HIGHLY recommend not attempting this fix. I have done a variety of repairs on iPhones (screens, batteries, etc.) and decided to try this to address a broken microphone. I could make regular phone calls but couldn’t use speakerphone or FaceTime. After replacing the lightening charger using the instructions and the iFixit parts, I still can’t use the speakerphone or FaceTime function. To make matters worse, my phone won’t charge through the lightening connector, won’t wirelessly charge, and people can’t hear me even when I make a regular phone call anymore. In other words, I started with one fairly minor problem and, due to this repair, have a whole bunch of new (much more significant) issues. Don’t make the same mistake I did.

Aaron Nelson - 返信

Excelente guía..!!

Jorge Lonjedo - 返信

It the port paired to the phone? like Touch ID, or can you just replace it without and issue?

Robinson Shaffer - 返信

Hi Robinson,

The port is not paired to the phone.

Arthur Shi -

Phone doesn’t turn on. Is there any other tips??

carl mercado - 返信

Hi Carl,

You can try some common troubleshooting tips. Hopefully that will resolve the issue. If not, please browse and post on our Answers forum.

Arthur Shi -

Excellent guide. Took just over 1 hour to complete, phone charges and earphones work again. This is my daughters phone so she is very happy.

David Dunsire - 返信

Im having an issue where whenever i attach the lightning cord connector the screen wont turn on but when i detach it the screen will turn on, is there anyway to fix this?

Sara A - 返信

Repair completed using this guide and the iFixit kit. Took me quite a bit longer than 2 hours (I spent almost an hour making sure ALL the old glue was off before fitting a new seal!) but with the help of the magnetic project board the job went perfectly and I can now charge my phone again. Speaking of the project board, I would consider this an absolute essential to complete this job. The phone has to be pretty much taken apart and you end up with a multitude of differing length/type screws which are easy to mix up….and it’s not that easy to tell a 1.2mm screw from a 1.3mm screw!

Lacy Kyle - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 103

過去 7 日: 707

過去 30 日: 3,162

今までの合計 44,003