はじめに

この修理ガイドではiPhone 7 PlusのLightningコネクターアセンブリを交換します。充電と接続に支障がある場合は解決できます。

  1. 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。
    • 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。

    • 解体作業を始める前に必ずiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneの底面から3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。
    • 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。

    • ヘアドライヤーやiOpenerを準備して、iPhoneの下半分端に合わせて約1分間載せます。留められた接着剤を温めて柔らかくします。

  3. 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。
    • 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。

    • 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。

  4. 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。 スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。 ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。

    • スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。

    • ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。

    • 吸盤カップを引き上げる時、スクリーンと背面ケースの間の隙間を広げるためスパッジャーを上下にひねります。

  5. iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。 ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。
    • iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。

    • ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。

  6. デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。 スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。
    • デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。

    • スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。

  7. iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。 ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。
    • iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。

    • ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。

  8. 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。
    • 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。

  9. デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。 デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。
    • デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。

  10. デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。 iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。 ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。
    • デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。

    • iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。

    • ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。

  11. ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。
    • ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.6 mmネジー1本

  12. ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。 ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。

  13. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。

    • 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。

  14. スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクターをまっすぐ引き上げて接続を外します。 コネクターを再装着する際は、コネクターを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクターを取り付けてください。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。 コネクターを再装着する際は、コネクターを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクターを取り付けてください。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。
    • スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクターをまっすぐ引き上げて接続を外します。

    • コネクターを再装着する際は、コネクターを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクターを取り付けてください。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。

  15. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。 1.3 mm ネジー1本 1.0 mm ネジー2本
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。

    • 1.3 mm ネジー1本

    • 1.0 mm ネジー2本

    • ブラケットを取り出します。

  16. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。 このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。

    • このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。

  17. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  18. アンテナコンポーネントに固定されている3本のプラスネジを取り出します。
    • アンテナコンポーネントに固定されている3本のプラスネジを取り出します。

    • 1.3 mmネジー2本

    • 1.2 mmネジー1本

  19. 上部端のリアケースに固定されたアンテナコンポーネントから1.3 mmプラスネジを外します。
    • 上部端のリアケースに固定されたアンテナコンポーネントから1.3 mmプラスネジを外します。

  20. iPhoneの上部端の小さな角に装着されているアンテナコンポーネント上部にネジが留められています。 アンテナコンポーネントをデバイス上部見抜けて傾けます。 ネジボスを下向きにスライドして角から取り出します。
    • iPhoneの上部端の小さな角に装着されているアンテナコンポーネント上部にネジが留められています。

    • アンテナコンポーネントをデバイス上部見抜けて傾けます。

    • ネジボスを下向きにスライドして角から取り出します。

  21. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  22. 上部左側のアンテナコンポーネントを取り出します。
    • 上部左側のアンテナコンポーネントを取り出します。

  23. SIMカードの取り出し用ツールや紙クリップをSIMカードトレイの差し込み口に挿入します。 トレイを取り出すにはしっかりと押し込みます。
    • SIMカードの取り出し用ツールや紙クリップをSIMカードトレイの差し込み口に挿入します。

    • トレイを取り出すにはしっかりと押し込みます。

  24. iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。 SIMカードはトレイから簡単に取り出せます。 SIMカードを再挿入する際は、トレイに対して正しい向きで装着しているか確認してください。
    • iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。

    • SIMカードはトレイから簡単に取り出せます。

    • SIMカードを再挿入する際は、トレイに対して正しい向きで装着しているか確認してください。

    • SIMトレイ周辺の薄いゴム製ガスケットは耐水、防塵機能を担っています。ガスケットにダメージが入っていたり紛失した場合はiPhoneの内部コンポーネントを保護するために新しいものに交換してください。

  25. iFixitの開口ツールや指の爪を使って、ソケットからデュアルカメラケーブルコネクターをまっすぐに引き上げて、接続を外します。 iFixitの開口ツールや指の爪を使って、ソケットからデュアルカメラケーブルコネクターをまっすぐに引き上げて、接続を外します。 iFixitの開口ツールや指の爪を使って、ソケットからデュアルカメラケーブルコネクターをまっすぐに引き上げて、接続を外します。
    • iFixitの開口ツールや指の爪を使って、ソケットからデュアルカメラケーブルコネクターをまっすぐに引き上げて、接続を外します。

    • リアカメラのブラケットを固定している次のネジを外します。

    • 1.6 mm プラスネジー1本

    • 2.2 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはiPhone専用のスタンドオフネジ用ドライバービットドライバーハンドルを使って取り外しましょう。

    • 急ぎの場合は、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。ねじ穴から滑り出て、周りのコンポーネントにダメージを与えないよう特に注意して作業を進めてください。

  26. リアカメラを覆っているブラケットを取り出します。
    • リアカメラを覆っているブラケットを取り出します。

  27. 上部ケーブルブラケットを固定している1.3 mmプラスネジを2本外します。
    • 上部ケーブルブラケットを固定している1.3 mmプラスネジを2本外します。

  28. 上部ケーブルブラケットを外します。
    • 上部ケーブルブラケットを外します。

  29. ロジックボードの上部左端にある接地クリップを固定している1.3 mmプラスネジを2本外します。
    • ロジックボードの上部左端にある接地クリップを固定している1.3 mmプラスネジを2本外します。

  30. 接地クリップを取り出します。
    • 接地クリップを取り出します。

  31. iPhoneのリアケースの上部端にあるアンテナフレックスケーブルを固定している1.3 mmプラスネジを外します。
    • iPhoneのリアケースの上部端にあるアンテナフレックスケーブルを固定している1.3 mmプラスネジを外します。

  32. 爪やiFixitの開口ツールの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルコネクターの接続を外します。 爪やiFixitの開口ツールの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルコネクターの接続を外します。
    • 爪やiFixitの開口ツールの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルコネクターの接続を外します。

  33. アンテナフレックスケーブルの下にスパッジャーの先端を差し込んでスライドしながら接着剤を切り込み、剥がします。 アンテナフレックスケーブルの下にスパッジャーの先端を差し込んでスライドしながら接着剤を切り込み、剥がします。
    • アンテナフレックスケーブルの下にスパッジャーの先端を差し込んでスライドしながら接着剤を切り込み、剥がします。

  34. アンテナフレックスケーブルの上部にネジボスがあり、iPhoneの上部端の小さな角に留められています。 アンテナフレックスケーブルをiPhoneの上部に向けて持ち上げて傾けます。 ネジボスを斜めに傾けて角から取り出します。
    • アンテナフレックスケーブルの上部にネジボスがあり、iPhoneの上部端の小さな角に留められています。

    • アンテナフレックスケーブルをiPhoneの上部に向けて持ち上げて傾けます。

    • ネジボスを斜めに傾けて角から取り出します。

    • アンテナフレックスケーブルを取り出します。

  35. ピンセットや先鋭のツールを使って、ロジックボードから2本の同軸ケーブルコネクターの接続を丁寧に外します。 再組み立ての際、コネクターを再接続する作業では少しテクニックが必要です。一度に2本のコネクターを手に取り、ソケット上に載せます。スパッジャーの平面側でコネクターを押さえ、カチンと音がすればきちんと留まっています。 再組み立ての際、コネクターを再接続する作業では少しテクニックが必要です。一度に2本のコネクターを手に取り、ソケット上に載せます。スパッジャーの平面側でコネクターを押さえ、カチンと音がすればきちんと留まっています。
    • ピンセットや先鋭のツールを使って、ロジックボードから2本の同軸ケーブルコネクターの接続を丁寧に外します。

    • 再組み立ての際、コネクターを再接続する作業では少しテクニックが必要です。一度に2本のコネクターを手に取り、ソケット上に載せます。スパッジャーの平面側でコネクターを押さえ、カチンと音がすればきちんと留まっています。

  36. ロジックボードから2本の残りのリボンケーブルの接続を外します。 上部ケーブルコネクターの接続を外します。 Lightningポートコネクターの接続をロジックボードの外側エッジに沿って持ち上げて、接続を外します。
    • ロジックボードから2本の残りのリボンケーブルの接続を外します。

    • 上部ケーブルコネクターの接続を外します。

    • Lightningポートコネクターの接続をロジックボードの外側エッジに沿って持ち上げて、接続を外します。

    • ロジックボードに留められた次の7本のネジを外します。

    • 1.3 mmプラスネジー1本

    • 2.1 mmスタンドオフネジー2本

    • 2.0 mmスタンドオフネジー2本

    • 2.2 mmスタンドオフネジー2本

    • スタンドオフネジを外すには、iPhone用スタンドオフドライバービットドライバーハンドルを使うのが最善です。

    • 困ったときには、小サイズのマイナスドライバーも役に立ちます。ただし、滑って周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう細心の注意を払ってください。

  37. スパッジャーの先端を使ってSIMカード取り出し用のバネ(プランジャー)をロジックボードから押し出します。 スパッジャーの先端を使ってSIMカード取り出し用のバネ(プランジャー)をロジックボードから押し出します。
    • スパッジャーの先端を使ってSIMカード取り出し用のバネ(プランジャー)をロジックボードから押し出します。

  38. スパッジャーの先端を使って、丁寧に2本の同軸ケーブルをロジックボードに固定するための小メタル製クリップから解きます。
    • スパッジャーの先端を使って、丁寧に2本の同軸ケーブルをロジックボードに固定するための小メタル製クリップから解きます。

  39. ロジックボードの下部端から持ち上げてiPhoneの底側に向けてスライドしながら取り出します。 ロジックボードがケーブルに絡まないようにご注意ください。 再組み立ての間、リアカメラの付近でロジックボードの上部右側端にある黒色の接地クリップの位置を確認してください。ロジックボードはクリップのすぐ下にスライドします。
    • ロジックボードの下部端から持ち上げてiPhoneの底側に向けてスライドしながら取り出します。

    • ロジックボードがケーブルに絡まないようにご注意ください。

    • 再組み立ての間、リアカメラの付近でロジックボードの上部右側端にある黒色の接地クリップの位置を確認してください。ロジックボードはクリップのすぐ下にスライドします。

  40. 背面ケースに留められた気圧ベントから次の2本のプラスネジを取り出します。
    • 背面ケースに留められた気圧ベントから次の2本のプラスネジを取り出します。

    • 2.9 mm ネジー1本

    • 2.1 mmネジー1本

  41. 慎重に気圧ベントをTaptic Engineのほうに押して、iPhone下端に固定している接着剤を剥がします。 慎重に気圧ベントをTaptic Engineのほうに押して、iPhone下端に固定している接着剤を剥がします。
    • 慎重に気圧ベントをTaptic Engineのほうに押して、iPhone下端に固定している接着剤を剥がします。

  42. ベントを取り出します。
    • ベントを取り出します。

  43. Taptic Engineのリボンケーブルコネクターを押し出して接続を外します。 Taptic Engineのリボンケーブルコネクターを押し出して接続を外します。
    • Taptic Engineのリボンケーブルコネクターを押し出して接続を外します。

  44. Taptic Engineとリアケースを固定している1.5 mmプラスネジを3本外します。
    • Taptic Engineとリアケースを固定している1.5 mmプラスネジを3本外します。

  45. Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

  46. スピーカーの片側に2本の同軸ケーブルを固定しているメタル製ブラケットより、ケーブルを丁寧に解いて外します。 スピーカーの片側に2本の同軸ケーブルを固定しているメタル製ブラケットより、ケーブルを丁寧に解いて外します。 スピーカーの片側に2本の同軸ケーブルを固定しているメタル製ブラケットより、ケーブルを丁寧に解いて外します。
    • スピーカーの片側に2本の同軸ケーブルを固定しているメタル製ブラケットより、ケーブルを丁寧に解いて外します。

  47. スピーカーに固定されたプラスネジを5本外します。
    • スピーカーに固定されたプラスネジを5本外します。

    • 1.3 mmネジー3本

    • 2.3 mmネジー1本

    • 3.3 mmネジー1本

  48. スピーカーを取り出します。
    • スピーカーを取り出します。

  49. Lightningポートの上部左側に留められた2.9 mmプラスネジを外します。
    • Lightningポートの上部左側に留められた2.9 mmプラスネジを外します。

  50. 今取り出したネジの下にあるバネ接合を取り出します。
    • 今取り出したネジの下にあるバネ接合を取り出します。

  51. Lightningコネクターに固定された次のプラスネジを外します。
    • Lightningコネクターに固定された次のプラスネジを外します。

    • 1.7 mmネジー2本

    • 2.8 mmネジー1本

  52. LightningポートとiPhoneの下側底を固定している1.2 mmプラスネジを2本外します。
    • LightningポートとiPhoneの下側底を固定している1.2 mmプラスネジを2本外します。

  53. iFixit開口ツールの鋭利な先端を使って2つのマイクを固定された接着剤から剥がして外します。 マイクを完全に取り出さないでください。画像にあるようにマイクを接着剤から外すだけです。 マイクを完全に取り出さないでください。画像にあるようにマイクを接着剤から外すだけです。
    • iFixit開口ツールの鋭利な先端を使って2つのマイクを固定された接着剤から剥がして外します。

    • マイクを完全に取り出さないでください。画像にあるようにマイクを接着剤から外すだけです。

  54. 開口ピックや薄いこじ開け用のツールを使ってLightning コネクターアセンブリのフレックスケーブル上部分の下に差し込みます。スライドしながらリアケースからケーブルを外します。 必要に応じて、ヘアドライヤーやiOpenerを準備してください。剥がれやすくするために、リアケースに熱を当てて接着剤を柔らかくします。 必要に応じて、ヘアドライヤーやiOpenerを準備してください。剥がれやすくするために、リアケースに熱を当てて接着剤を柔らかくします。
    • 開口ピックや薄いこじ開け用のツールを使ってLightning コネクターアセンブリのフレックスケーブル上部分の下に差し込みます。スライドしながらリアケースからケーブルを外します。

    • 必要に応じて、ヘアドライヤーやiOpenerを準備してください。剥がれやすくするために、リアケースに熱を当てて接着剤を柔らかくします。

  55. 続けて、他のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながらフレックスケーブル上部分を取り出します。 続けて、他のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながらフレックスケーブル上部分を取り出します。 続けて、他のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながらフレックスケーブル上部分を取り出します。
    • 続けて、他のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながらフレックスケーブル上部分を取り出します。

  56. 丁寧に開口ピックをバッテリーの角からiPhone全体の角へスライドして、外側フレームに固定されているフレックスケーブルの残りの部分を剥がします。 丁寧に開口ピックをバッテリーの角からiPhone全体の角へスライドして、外側フレームに固定されているフレックスケーブルの残りの部分を剥がします。
    • 丁寧に開口ピックをバッテリーの角からiPhone全体の角へスライドして、外側フレームに固定されているフレックスケーブルの残りの部分を剥がします。

  57. ピックをiPhoneの横にスライドさせてリアケースに固定されたフレックスケーブルの残りの部分を全て剥がします。 作業中バッテリーにダメージを与えないようにご注意ください。穴が空いてしまったバッテリーは危険な化学物質が排出され、引火の原因となります。 作業中バッテリーにダメージを与えないようにご注意ください。穴が空いてしまったバッテリーは危険な化学物質が排出され、引火の原因となります。
    • ピックをiPhoneの横にスライドさせてリアケースに固定されたフレックスケーブルの残りの部分を全て剥がします。

    • 作業中バッテリーにダメージを与えないようにご注意ください。穴が空いてしまったバッテリーは危険な化学物質が排出され、引火の原因となります。

  58. Lightningコネクターアセンブリを取り出します。 Lightningコネクターアセンブリを取り出し、交換する前に次の点にご注意ください。 プラスチック製ツールを使って、リアケースに残っている接着剤を綺麗に取り除いてください。
    • Lightningコネクターアセンブリを取り出します。

    • Lightningコネクターアセンブリを取り出し、交換する前に次の点にご注意ください。

    • プラスチック製ツールを使って、リアケースに残っている接着剤を綺麗に取り除いてください。

    • 表面に残った接着剤はイソプロピルアルコール(90%以上の濃度)と糸くずのついていない布で除去できます。一定の方向に拭いて行ったり来たりしないでください。

    • Lightningコネクターアセンブリが正しい配置で装着されているか確認してください。iPhoneのリアケース上の二つの白いドットがLightningフレックスケーブルの円形切り抜きに合わさります。合わない場合は、フレックスケーブルが正しく装着されていません。するとロジックボード上のソケットとケーブルの接続ができません

  59. 底側のLightningコネクターにあるラバーガスケットは防水/防塵機能を担っています。新しいLightningコネクターアセンブリを装着する場合は、ガスケットを取り出して新しいパーツに移してください。 二つのマイクの底に留められた小サイズの接着剤パッチもiPhoneの防水/防塵機能の役割を果たしています。最善の方法として、Lightningコネクターアセンブリを装着する前に2つの接着剤パッチを移してください。 二つのマイクの底に留められた小サイズの接着剤パッチもiPhoneの防水/防塵機能の役割を果たしています。最善の方法として、Lightningコネクターアセンブリを装着する前に2つの接着剤パッチを移してください。
    • 底側のLightningコネクターにあるラバーガスケットは防水/防塵機能を担っています。新しいLightningコネクターアセンブリを装着する場合は、ガスケットを取り出して新しいパーツに移してください。

    • 二つのマイクの底に留められた小サイズの接着剤パッチもiPhoneの防水/防塵機能の役割を果たしています。最善の方法として、Lightningコネクターアセンブリを装着する前に2つの接着剤パッチを移してください。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

47 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

215,616 ポイント

176のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

8,298のガイドは作成済み

NOTE TO ALL: When you put the port back in, LINE UP THE HOLES ON THE FRAME. If you don’t line up the holes perfectly on the cable (even if it’s off by a millimeter), the cable will NOT extend and plug into the logic board. It has to be perfect. You’re welcome :)

Brady8812 - 返信

So i did this and now my home button does not work. Any suggestions?

Brandon Rasco - 返信

So far as I can tell, the only part of this procedure that affects the home button is when it’s disconnected from the board in step 14. I’d probably double-check those connectors to make sure they’re seated properly for a start. Check the sockets for dust/debris or pin damage. Inspect the cables for damage. While you’re troubleshooting, remember to always disconnect the battery first and reconnect it last. Good luck!

Jeff Suovanen -

Hi there, I did the whole process successfully, phone starts up again but I charging does not work?? Tried different cables - didn’t work! Any suggestions? Thanks Thomas

Thomas Senn - 返信

Either you haven’t connected it back up properly, you may have bent pins or debris on the connections or you have a faulty charging flex cable.

Clems -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 74

過去 7 日: 514

過去 30 日: 2,338

今までの合計 38,320