メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

小さなトラブルにも関わらず、複雑な作業です。スクリーンとカメラを取り外してリングの内側にアクセスして、これを取り出します。それから新しいレンズリングを装着してください。

  1. iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。
    • iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。

    • 分解する前に、iPhoneの電源をオフにします。

    • Lightningコネクターの両隣にある、iPhone下部の側面に留められた2本の3.4 mm P2ペンタロープネジを取り外します。

  2. オプションとして、温めたiOpenerをiPhone本体の下側端に沿って、約1分間載せます。もしくはヘアドライヤーを当てます。
    • オプションとして、温めたiOpenerをiPhone本体の下側端に沿って、約1分間載せます。もしくはヘアドライヤーを当てます。

    • 熱によってディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口しやすくなります。

  3. 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。
    • 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの左側下部の端に当てます。

    • ホームボタンの上に吸盤カップを取り付けないでください。

    • ディスプレイのひび割れ状態が広範囲の場合は、透明の梱包テープを表面に貼ってください。吸盤カップが取り付けやすくなります。あるいは、吸盤カップの代わりに強力なガムテープを使用することもできます。全ての方法が上手くいかない場合は、吸盤カップに強力ボンドを壊れたスクリーンに付けて固めてください。

  4. 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。
    • 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。

    • 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。

    • 強く引っ張りすぎるとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に、小さな隙間を作るぐらの力加減で持ち上げます。

    • 作業が上手く進まない場合は、iOpenerやヘアドライヤー、ヒートガンなどを使ってiPhoneの正面側を温めてください。熱くて触れない程度まで温めます。ディスプレイ端に沿って留められた接着剤を柔らかくすることができます。

  5. ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。 スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。
    • ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。

    • スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。

  6. フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。 フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。
    • フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。

  7. ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。
    • ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。

  8. スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。
    • スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。

    • 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。

  9. 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。
    • 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。

  10. 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。
    • 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。

    • 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。

  11. 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。
    • 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。

  12. 今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る

    今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る
  13. ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。 ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。
    • ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。

    • ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。

    • 急ぎの時は未開封の飲料用缶を利用して、ディスプレイを固定できます。

    • バッテリーコネクター用ブラケットを固定している次の長さのネジを2本外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

    • この修理作業の間、ネジをきちんと管理してください。再組み立ての際は、元あった場所に取り付けます。間違った位置にネジを取り付けると、iPhoneにダメージを与えてしまいます。ご注意ください。

  14. iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。 iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。

  16. 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。
    • 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。

  17. ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.8 mmネジー1本

  18. ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。 ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  19. スパッジャーもしくは清潔な指先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。 スパッジャーもしくは清潔な指先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。
    • スパッジャーもしくは清潔な指先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。

  20. 基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上げて、接続を外します。 デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • 基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上げて、接続を外します。

    • デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  21. この手順では、ケーブルの接続を外す前に、バッテリーの接続が外れているか必ず確認してください。 ディスプレイケーブルをロジックボードのソケットからまっすぐ引き上げて、接続を外します。
    • この手順では、ケーブルの接続を外す前に、バッテリーの接続が外れているか必ず確認してください。

    • ディスプレイケーブルをロジックボードのソケットからまっすぐ引き上げて、接続を外します。

  22. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  23. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットからリアカメラの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットからリアカメラの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットからリアカメラの接続を外します。

  24. リアカメラのブラケットに留められた2本のプラスネジを取り外します。
    • リアカメラのブラケットに留められた2本のプラスネジを取り外します。

    • 1.6 mmネジー1本

    • 2.0 mmネジー1本

  25. カメラブラケットを取り出します。 カメラブラケットを取り出します。
    • カメラブラケットを取り出します。

  26. 背面ケースとカメラモジュールの間のカメラ側にスパッジャーを差し込みます。 スパッジャーを動かしながら丁寧にカメラを持ち上げます。
    • 背面ケースとカメラモジュールの間のカメラ側にスパッジャーを差し込みます。

    • スパッジャーを動かしながら丁寧にカメラを持ち上げます。

  27. カメラを取り出します。 カメラを取り出します。
    • カメラを取り出します。

  28. フレームの内側から外側に向けてガラスを押し出して取り出します。
    • フレームの内側から外側に向けてガラスを押し出して取り出します。

  29. レンズの淵を盛り上がった面に突き当て、携帯電話の残りの部分を固い作業台の上に載せ、リング部分には何も下に当てないでください。(下が見えるようにします)
    • レンズの淵を盛り上がった面に突き当て、携帯電話の残りの部分を固い作業台の上に載せ、リング部分には何も下に当てないでください。(下が見えるようにします)

  30. 内側からリングにフィットさせるため、ビットを付けていないドライバを使用してください。 ドライバーはリング周辺のフレームに接触させないでください。 フレームをしっかりと押さえて、飛び出るまで軽くリングを軽く叩きます。 内側からリングにフィットさせるため、ビットを付けていないドライバを使用してください。 ドライバーはリング周辺のフレームに接触させないでください。 フレームをしっかりと押さえて、飛び出るまで軽くリングを軽く叩きます。
    • 内側からリングにフィットさせるため、ビットを付けていないドライバを使用してください。 ドライバーはリング周辺のフレームに接触させないでください。 フレームをしっかりと押さえて、飛び出るまで軽くリングを軽く叩きます。

  31. リングがフレームから外れたら、フレーム上に凹みがないはずです。
    • リングがフレームから外れたら、フレーム上に凹みがないはずです。

  32. ごく僅かな量の強力接着剤を新しいリングに付けて挿入します。接着剤を付けすぎて、フレームに付かないようご注意ください。
    • ごく僅かな量の強力接着剤を新しいリングに付けて挿入します。接着剤を付けすぎて、フレームに付かないようご注意ください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

32 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

80%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

jeremyfitz

メンバー登録日: 2014年02月12日

1,575 ポイント

1ガイドが承認済み

5 件のコメント

sometimes it becomes a pain to remove old ring, some devices has rolled ring so it much harder to remove carefully

Max Nikiforov - 返信

I bent the frame and distorted the back panel where it started to come out trying to “pop-out” the lens ring. The lens ring was attached to an inner piece that holds the camera by a metal piece, this wasn’t described in these instructions.

Be careful of this!

John J - 返信

You’re right! I used a previous guide that shows up until the camera is removed, then my own starts after I’ve already removed this flexible metal bracket. This bracket is used as a alignment guide and stabilizer for the camera so hard hits don’t rattle the sensitive internal magnets that stabilize the camera lenses. With a fine screwdriver, pop the 4 points that this is welded to the lens up then remove the bracket. It may get mangled a bit but it can usually be straightened back out to re-use upon camera reinstall.

jeremyfitz -

The only way to get the ring out for me without damage or strain other components ,board or case was to take a 7.5mm drill and drill out the ring from the back and when the inner bracket came lose you know you are deep enough .

A little dot of CA applied with a toothpick to glue the lens inplace and a little glue on the inside to fix that bracket.

Tip: if just the lens glass piece is broken and there is no damage to the ring try to source and buy the glass lens without the ring alot easier to

repair ,you don’t have to take the screen and camera if no glass made it to the camera.

Just make sure that the ring and the rim where the glass is seated is clean and free of glass splinters and glue .

Again add a little CA with a toothpick pop in the lens and done.

Few minutes of work and no risk of breaking somthing in the proces.

Jacksat - 返信

first iPhone repair for me… I was trembling when I switched it back on. I was worried I didn’t put the screen and front camera connectors in place properly (it’s hard). But it went all well! Thanks for the guide, but I think it’d be really good to add the steps about the square metal thingy between the camera and the ring.

Nicolas Riffard - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 77

過去 30 日: 350

今までの合計 18,694