メインコンテンツにスキップ

はじめに

ひびが入ってしまったり壊れたiPhone 6 Plusのスクリーンを交換するにはこのガイドをご利用ください。ホームボタン、正面カメラとセンサーアセンブリ、液晶ディスプレイシールドプレートとホームボタンリボンケーブルの取り外し方の手順を含んでいます。これら全てのパーツを交換用のパネルに移さなければなりません。代わりに、全てのアセンブリを交換する場合は、この短縮版ガイドをご覧ください。

いずれの場合でも、Touch ID(指紋認証)機能を保つため、オリジナルのホームボタンを新しいディスプレイに移すことが重要です。

ビデオの概要

  1. 作業を始める前に、バッテリーの残量を25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにアクシデントで穴を開けてしまうと、引火や爆発の原因となります。
    • 作業を始める前に、バッテリーの残量を25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにアクシデントで穴を開けてしまうと、引火や爆発の原因となります。

    • iPhoneの電源を必ず切ってください。

    • Lightningコネクター両側の3.6 mmペンタロープネジ2本を外します。

  2. ディスプレイのガラスが割れている場合、作業中さらにダメージが広がったり、作業中、怪我をしないようガラスの表面にテープを貼ります。 透明な粘着テープをiPhoneディスプレイ表面上に二重に装着します。 この手順によってディスプレイを持ち上げた際に、ガラスが飛び散ったりすることなく、構造を保つことができます。
    • ディスプレイのガラスが割れている場合、作業中さらにダメージが広がったり、作業中、怪我をしないようガラスの表面にテープを貼ります。

    • 透明な粘着テープをiPhoneディスプレイ表面上に二重に装着します。

    • この手順によってディスプレイを持ち上げた際に、ガラスが飛び散ったりすることなく、構造を保つことができます。

    • 作業中、ガラスが飛び散ることがあるため、保護メガネを着用してください。

    • 次のひび割れたガラスのため、次の手順で吸盤カップを引き上げれない場合は、ダクトテープのような強力な粘着テープを使ってハンドルを作り引き上げてください。

    • 次の2つの手順ではiPhone 6 Plusを安全に開口できる素晴らしいツールiSclackの使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。iSclackをご利用になられない方は手順4までスキップしてください。

    • プラスチックのデプスゲージが iSclack中央に挟まっている場合は外してください。 iPhone 6 Plusのような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSclackのハンドルを閉じ、吸盤カップを開きます。

    • iPhone下部本体を吸盤カップの間に配置します。

    • ディスプレイ側の吸盤カップはホームボタン付近に装着します。

    • ハンドルを開いてiSclackの両カップを閉じます。吸盤カップをiPhoneの両側にしっかりと取り付けます。

  3. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackのハンドルを閉めながら吸盤カップを両側へ開いていきます。背面ケースからフロントパネルが引き上がってきます。 iSclackは安全にiPhoneを開口できるよう設計されていますが、ディスプレイケーブルに損傷を与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackのハンドルを閉めながら吸盤カップを両側へ開いていきます。背面ケースからフロントパネルが引き上がってきます。

    • iSclackは安全にiPhoneを開口できるよう設計されていますが、ディスプレイケーブルに損傷を与えてしまうことがあります。

    • iPhoneから2つの吸盤カップを外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順7までお進みください。

  4. iSclackをお持ちでない場合、シングルタイプの吸盤カップをつかってフロントパネルを引き上げます。
    • iSclackをお持ちでない場合、シングルタイプの吸盤カップをつかってフロントパネルを引き上げます。

    • 吸盤カップをホームボタン上のスクリーンに押し当てます。

    • カップがスクリーンにしっかりと固定しているか確認します。

  5. 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを引き上げて、ゆっくりとリアケースからフロントパネルアセンブリを離します。
    • 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを引き上げて、ゆっくりとリアケースからフロントパネルアセンブリを離します。

    • 時間をかけてゆっくりと、同じ強さ加減で作業を進めます。他のデバイスに比べてより強固に接着されています。

    • プラスチックの開口ツールを使って隙間に差し込み、リアケースからディスプレイアセンブリを丁寧にこじ開け、吸盤カップで持ち上げます。

    • フロントパネルアセンブリをリアケースに固定させているクリップが幾つかあります。吸盤カップとプラスチック製開口ツールの両方を使いながら、フロントパネルアセンブリを外してくださ。

  6. 吸盤カップ中央のグリップを持ち上げて、吸引力を緩めます。 吸盤カップをディスプレイアセンブリから取り外します。
    • 吸盤カップ中央のグリップを持ち上げて、吸引力を緩めます。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリから取り外します。

  7. 本体上部先端を蝶番にして、背面ケースからフロントパネルアセンブリのホームボタン端を引き上げます。 約90度の角度でディスプレイを開け、後ろに立て掛けて固定できる衝立を置きます。 ゴムバンドでディスプレイと衝立を留めて動かないようにします。これはディスプレイケーブルがアクシデントで引き伸ばされるのを防ぐためです。
    • 本体上部先端を蝶番にして、背面ケースからフロントパネルアセンブリのホームボタン端を引き上げます。

    • 約90度の角度でディスプレイを開け、後ろに立て掛けて固定できる衝立を置きます。

    • ゴムバンドでディスプレイと衝立を留めて動かないようにします。これはディスプレイケーブルがアクシデントで引き伸ばされるのを防ぐためです。

    • 急ぎの場合は未開封の飲料用缶を使用できます。

  8. フロントパネル上部に留められた幾つかのクリップを蝶番のようにして、本をめくるようにフロントパネルアセンブリを開きます。 再組み立ての際は、クリップが背面ケース上部端のちょうど真下になるように配置します。それからフロントパネル上部先端と背面ケース上部先端が重なるまで上方にスライドします。
    • フロントパネル上部に留められた幾つかのクリップを蝶番のようにして、本をめくるようにフロントパネルアセンブリを開きます。

    • 再組み立ての際は、クリップが背面ケース上部端のちょうど真下になるように配置します。それからフロントパネル上部先端と背面ケース上部先端が重なるまで上方にスライドします。

  9. 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから外します。
    • 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから外します。

    • 2.3 mm プラスネジ ー1本

    • 3.1 mm プラスネジー1本

  10. iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  11. 基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。
    • 基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリーコネクターのみにツールを差し込んで持ち上げてください。基板のソケットに接触しないでください。コネクター全体を破損してしまうことがあります。

  12. フロントパネルを90度に開いた状態で固定し、フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットに留められたネジを外します。
    • フロントパネルを90度に開いた状態で固定し、フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットに留められたネジを外します。

    • 1.2 mm ネジー3本

    • 1.5 mm ネジー1本

    • 2.9 mm ネジー1本

    • 絶対に赤い丸印のネジ穴に長いネジを差し込まないでください。基板にダメージを与えてしまいます。

  13. iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now

    iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now
  14. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。

  15. 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみこじ開けます。基板上のケーブルコネクター用ソケットには接触しないでください。 フロントパネルを90度で固定したまま、プラスチックの開口ツールを使って、正面カメラと前面側マイクのケーブルコネクターの接続を外します。
    • 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみこじ開けます。基板上のケーブルコネクター用ソケットには接触しないでください。

    • フロントパネルを90度で固定したまま、プラスチックの開口ツールを使って、正面カメラと前面側マイクのケーブルコネクターの接続を外します。

  16. プラスチックの開口ツールを使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。 プラスチックの開口ツールを使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。
    • プラスチックの開口ツールを使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。

  17. プラスチックの開口ツールを使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。 デバイスを再組み立てする際は、本体ディスプレイのデータケーブルがコネクターから飛び出すことがあります。これは電源スイッチを入れた時、黒い画面に白い線が表れる原因となります。この症状が現れた場合は一度ケーブルを再接続して、再起動してください。電話を再起動する一番ベストな方法は、バッテリーコネクターの接続を切ってから再び再接続します。
    • プラスチックの開口ツールを使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスを再組み立てする際は、本体ディスプレイのデータケーブルがコネクターから飛び出すことがあります。これは電源スイッチを入れた時、黒い画面に白い線が表れる原因となります。この症状が現れた場合は一度ケーブルを再接続して、再起動してください。電話を再起動する一番ベストな方法は、バッテリーコネクターの接続を切ってから再び再接続します。

  18. 最後に、プラスチックの開口ツールをつかってデジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央部分を押さないでください。コネクターの端一方を押してから、もう片方を押し込みます。コネクターの中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまうことがあります。
    • 最後に、プラスチックの開口ツールをつかってデジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央部分を押さないでください。コネクターの端一方を押してから、もう片方を押し込みます。コネクターの中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまうことがあります。

  19. リアケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。

  20. コンポーネントブラケット上部に留められている次のネジを外します。
    • コンポーネントブラケット上部に留められている次のネジを外します。

    • 1.5 mm プラスネジー1本

    • 2.3 mm プラスネジー2本

  21. ディスプレイアセンブリからイヤホンブラケットを取り外します。
    • ディスプレイアセンブリからイヤホンブラケットを取り外します。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとディスプレイケーブルをこじ開け、丁寧に邪魔にならない位置へ移動させます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとディスプレイケーブルをこじ開け、丁寧に邪魔にならない位置へ移動させます。

  23. ピンセットの先端を使って、イヤホンスピーカーをしっかりと固定して持ち、ディスプレイアセンブリから取り外します。
    • ピンセットの先端を使って、イヤホンスピーカーをしっかりと固定して持ち、ディスプレイアセンブリから取り外します。

  24. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリの角からセンサーケーブルアセンブリを引き上げていきます。 ケーブルは適度な接着剤で留められています。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリの角からセンサーケーブルアセンブリを引き上げていきます。

    • ケーブルは適度な接着剤で留められています。

  25. ディスプレイアセンブリから正面カメラとセンサーケーブルのマイク部分を取り外します。 ディスプレイアセンブリから正面カメラとセンサーケーブルのマイク部分を取り外します。
    • ディスプレイアセンブリから正面カメラとセンサーケーブルのマイク部分を取り外します。

  26. 正面カメラとセンサーケーブルアセンブリをディスプレイアセンブリから取り出します。
    • 正面カメラとセンサーケーブルアセンブリをディスプレイアセンブリから取り出します。

  27. フロントパネルに留められたホームボタンブラケットから1.8 mm #00 プラスネジを2本外します。
    • フロントパネルに留められたホームボタンブラケットから1.8 mm #00 プラスネジを2本外します。

  28. フロントパネルアセンブリからホームボタンブラケットを取り出します。
    • フロントパネルアセンブリからホームボタンブラケットを取り出します。

  29. スパッジャーの先端を使って、ホームボタンケーブル上のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ホームボタンケーブル上のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ホームボタンケーブル上のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。

  30. 丁寧に、ホームボタンコネクターケーブルの下にスパッジャーの先端を差し込みます。
    • 丁寧に、ホームボタンコネクターケーブルの下にスパッジャーの先端を差し込みます。

    • フロントパネルアセンブリに付けられた接着剤を剥がしながらスパッジャーを動かして、ホームボタンコネクターケーブルを外します。

  31. 指先を使って、フロントパネルの反対側からゆっくりとホームボタンを押し上げていきますが、完全に取り出さないでください。ホームボタンガスケットの一部が取れたら作業を止めます。 ホームボタンを上まで完全に押し出さないでください。端から一部を外すだけです。スパッジャーで自由にこじ開けることが可能となります。
    • 指先を使って、フロントパネルの反対側からゆっくりとホームボタンを押し上げていきますが、完全に取り出さないでください。ホームボタンガスケットの一部が取れたら作業を止めます。

    • ホームボタンを上まで完全に押し出さないでください。端から一部を外すだけです。スパッジャーで自由にこじ開けることが可能となります。

    • ホームボタンの周囲に留められているゴム製のガスケットはとても薄くなっています。ガスケットが避けないようにするためには、この部分を少し温めることをお勧めします。

  32. スパッジャーの先端をホームボタンの下へ差し込み、フロントパネルアセンブリから画像のように離します。 スパッジャーの先端をホームボタンの下へ差し込み、フロントパネルアセンブリから画像のように離します。
    • スパッジャーの先端をホームボタンの下へ差し込み、フロントパネルアセンブリから画像のように離します。

  33. フロントパネルアセンブリからホームボタンアセンブリを持ち上げ、取り出します。
    • フロントパネルアセンブリからホームボタンアセンブリを持ち上げ、取り出します。

  34. ディスプレイアセンブリに留められたLCDシールドプレートから1.7 mmプラスネジを2本外します。(上部に1本、下部に1本あります) ディスプレイアセンブリに留められたLCDシールドプレートから1.7 mmプラスネジを2本外します。(上部に1本、下部に1本あります)
    • ディスプレイアセンブリに留められたLCDシールドプレートから1.7 mmプラスネジを2本外します。(上部に1本、下部に1本あります)

  35. LCDシールドプレートの両側から1.3 mmプラスネジを3本ずつ(計6本)外します。 LCDシールドプレートの両側から1.3 mmプラスネジを3本ずつ(計6本)外します。
    • LCDシールドプレートの両側から1.3 mmプラスネジを3本ずつ(計6本)外します。

  36. 強固な接着剤でディスプレイアセンブリの裏側に留められているホームケーブルの先端(2番目の画像で赤色でハイライトされた箇所です)を取り外す作業に移ります。iOpener を準備して、ホームボタンの上に直接置き、ディスプレイアセンブリの下部を温めてから作業に取りかかることを強くお勧めします。 強固な接着剤でディスプレイアセンブリの裏側に留められているホームケーブルの先端(2番目の画像で赤色でハイライトされた箇所です)を取り外す作業に移ります。iOpener を準備して、ホームボタンの上に直接置き、ディスプレイアセンブリの下部を温めてから作業に取りかかることを強くお勧めします。
    • 強固な接着剤でディスプレイアセンブリの裏側に留められているホームケーブルの先端(2番目の画像で赤色でハイライトされた箇所です)を取り外す作業に移ります。iOpener を準備して、ホームボタンの上に直接置き、ディスプレイアセンブリの下部を温めてから作業に取りかかることを強くお勧めします。

  37. LCDシールドプレートを丁寧に持ち上げますが、完全に取り外さないでくださいーイヤホンスピーカー側の先端をディスプレイアセンブリから数ミリ持ち上げます。 反対側をゆっくりと持ち上げて(ホームボタン側)ディスプレイアセンブリからホームボタンケーブルを剥がします。 ホームボタンケーブルを取り外す作業は十分注意してください。ケーブルは裂けやすいためです。ケーブルからわずかな抵抗感でも感じたら、 iOpenerを再度温めて、接着剤を柔らかくします。
    • LCDシールドプレートを丁寧に持ち上げますが、完全に取り外さないでくださいーイヤホンスピーカー側の先端をディスプレイアセンブリから数ミリ持ち上げます。

    • 反対側をゆっくりと持ち上げて(ホームボタン側)ディスプレイアセンブリからホームボタンケーブルを剥がします。

    • ホームボタンケーブルを取り外す作業は十分注意してください。ケーブルは裂けやすいためです。ケーブルからわずかな抵抗感でも感じたら、 iOpenerを再度温めて、接着剤を柔らかくします。

    • LCDシールドプレートをディスプレイアセンブリから取り外します。

    • ディスプレイアセンブリが残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、このインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

188 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

55%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

595,199 ポイント

1,203のガイドは作成済み

I know this is a old guide but i have a question. My iphone was screen broken and i change it with a original complete iphone screen, the home button works fine but the touch id dont work. I change the home button to the one that i have in the broken screen and still the touch id dont work. What can i do to fix the touch id?

Juanjo Checo - 返信

Help! The home button cable attached to the metal front panel ripped a little as I was gently using my fingers to lift it off the screen. Now the home button doesn't work. Did I ruin the phone or is it possible to get a front panel?

Merry Hansen - 返信

I recently purchased this iFixit kit for my iPhone 6 Plus replacement of my screen that was cracked. I followed the instructions above, and my phone won't turn on. There is a part in to the right of the battery, just below the screen connections, that is really hot. After I noticed it wouldn't turn on, even after plugging it in, I took it back apart, and reseated the connections again. It still doesn't work. I will not purchase this kit again.

Dustin Klumb - 返信

Bought this recently and I must say that I'm a little bit disappointed:

- the screen doesn't fit as before, you can feel a rough edge - I tried 4 times to put it correctly watching many video tutorials and I had the same result so I assume it's because it's not an original screen

- the colours are not the same anymore, looks like the saturation is on a lower setting - can't see the bright colours anymore

Overall I would rate this part 6 out of 10.

andrewbuta - 返信

Followed this guide to the letter about 1 week ago. Happy to say its very accurate and my iphone is working 100%

Most difficult and time consuming part was re-inserting the front-facing camera and sensor cable assembly (Step 25) and also removing the home button cable (step 36)

morjo21 - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 37

過去 7 日: 220

過去 30 日: 1,113

今までの合計 148,860