メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

本体組み立ての必須条件

パーツ

パーツは指定されていません。

  1. 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。
    • 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。

    • ご使用前に、iSclackの中央にプラスチック製のデプスケージが付いている場合は取り出してください。 iPhone 6のような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSlackの持ち手を閉じて吸盤カップを開きます。

  2. iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。 iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)
    • iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。

    • iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)

    • ハンドルを開いてiSclackの吸盤カップを閉めます。吸盤カップを取り付けて、しっかりと本体の両側に押し当てます。

    • ディスプレイもしくは背面ガラスのひび割れ程度が酷い場合、吸盤カップが上手く装着するように透明な梱包テープを表面に貼ります。iSclackにはこの目的で透明テープが梱包されています。

  3. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。 iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。

    • iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • 2つの吸盤カップをiPhoneから取り外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順8へお進みください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

660,015 ポイント

1,203のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 0

過去 30 日: 0

今までの合計 817