はじめに

ホームボタンボタンカバーを交換するにはこのガイドをご利用ください。本来の機能付きホームボタンを交換するには ホームボタンのリボンケーブルガイドをご覧ください。

またこの手順を参照して、

ホームボタンブラケットの交換もできます。

ビデオの概要

ディスプレイガラスにひび割れがある場合、修理作業中の怪我を防ぐため、ガラス表面にテープを貼って破損箇所が広がらないようにします。 iPhoneの画面上に透明テープを貼り、表面全体を覆います。 これはガラスの破片を固定し、ディスプレイをこじ開けたり、引き上げた際に構造を保つことができます。
  • ディスプレイガラスにひび割れがある場合、修理作業中の怪我を防ぐため、ガラス表面にテープを貼って破損箇所が広がらないようにします。

  • iPhoneの画面上に透明テープを貼り、表面全体を覆います。

    • これはガラスの破片を固定し、ディスプレイをこじ開けたり、引き上げた際に構造を保つことができます。

  • 作業中にガラスの破片が目に飛び散るのを防ぐため、保護メガネを着用ください。

コメントを追加する

次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。
  • 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

  • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

  • Lightningコネクター両側の 3.8 mmペンタロープネジを2本取り外します。

to keep screws in order, buy some double sided tape and then affix the tape in small pieces to a sheet of paper. As you take the screws out, you can affix them to the tape (which is on the paper) and then write a description of what they are and where they go. quick, cheap and easy.

V. Jones - 返信

次の2つの手順ではiPhone 5c本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。ぜひiPhone 5, 5sや 5cの修理作業でこの工具をご利用ください。iSclackをご利用にならない場合は手順5までスキップしてください。 iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。
  • 次の2つの手順ではiPhone 5c本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。ぜひiPhone 5, 5sや 5cの修理作業でこの工具をご利用ください。iSclackをご利用にならない場合は手順5までスキップしてください。

  • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

  • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

    • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着させてください。

  • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中心部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

I just replaced my iPhone 5C battery today and only used the I fix it repair kit that came with the suction cup. Getting the glass screen out was not too difficult as I used a little bit of upward motion on the suction cup while at the same time prying gently with the flat end of the opening tool at the same time. If you have two people it makes it a little easier as someone can hold the phone. After getting the end open, I was able to go around the perimeter and gently pry up the edges with very little trouble.

V. Jones - 返信

iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがってきます。 iSclackはiPhoneを安全に開口できるようにデザインされていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。
  • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがってきます。

  • iSclackはiPhoneを安全に開口できるようにデザインされていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。

  • 2つの吸盤カップを iPhoneから取り外してください

  • 次の3つの手順をスキップして手順8まで進んでください。

コメントを追加する

カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと密着させます。
  • カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと密着させます。

  • カップの吸盤がスクリーンにしっかりと密着していることを確認してください。

very, very difficult to get a tight seal on tape. I removed the tape and still can't get a tight seal.

bromanmoon - 返信

吸盤カップがフロントパネルアセンブリに密着していることを確認してください。 iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体背面ケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離していきます。
  • 吸盤カップがフロントパネルアセンブリに密着していることを確認してください。

  • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体背面ケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離していきます。

  • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。ディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べて、特に頑丈に装着されています。

  • 吸盤カップを上に持ち上げながら、プラスチック製の開口ツールで、ゆっくりと背面ケースの端からフロントパネルアセンブリを引き離します。

  • フロントパネルアセンブリを背面ケースに留めているクリップが幾つか付けられています。フロントパネルアセンブリを外すには、吸盤カップとプラスチック開封ツール両方を使う必要があります。

Cover a badly cracked screen with a strip of packing tape first to get a better seal for your suction cup. If it's a super crappy suction cup, moistening it a bit will help as well.

Dan - 返信

Great Idea! I have been doing this for awhile and have never thought to share!

duston -

The pry point in this photo is spot on. Just be gentle and maybe come in at a little steeper angle.

V. Jones - 返信

吸盤カップの持ち手を引っ張り、吸盤カップの吸引シールを弱めます。
  • 吸盤カップの持ち手を引っ張り、吸盤カップの吸引シールを弱めます。

  • ディスプレイアセンブリから吸盤カップを取り外します。

コメントを追加する

フロントパネルのホームボタン端を持ち上げて開き、本体上部付近のコネクターにアクセスします。 ディスプレイを約90度の角度で開き、作業中邪魔にならないよう、後ろに衝立を設置して固定します。
  • フロントパネルのホームボタン端を持ち上げて開き、本体上部付近のコネクターにアクセスします。

  • ディスプレイを約90度の角度で開き、作業中邪魔にならないよう、後ろに衝立を設置して固定します。

    • 緊急の際は、衝立として未開封の飲料缶をご利用できます。

  • 作業中、ディスプレイをしっかりと固定するためにゴムで留めてください。ディスプレイケーブルに余剰な力が加わるのを防いでくれます。

コメントを追加する

ロジックボードに留められたメタル製のバッテリコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。
  • ロジックボードに留められたメタル製のバッテリコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。

These screws are very tiny and hard to manipulate. The screwdriver is magnetic; which is great to take them out, but makes it hard to put the screws back in, as the screwdriver pulls them from the hole. I solved this problem by using the pointed end of the spudger to put a tiny drop of Elmer's glue in the hole and then insert the screw. You can do this before putting the bracket in place if you want. Then the screw wont pull out by the magnetic driver and make lining up and fastening the screws much easier; at least for me!

Joe Shirghio - 返信

I found that you don't need to disconnect the battery... why bother doing more fiddling with annoyingly tiny screws and obstinate cable connectors when you don't actually have to? Especially when you could only end up causing more damage. As a matter of fact, the original iFixit video didn't bother to disconnect the battery either, but they've since updated the video to include battery disconnection, I guess as a "belt and braces" approach in case the repair-hero forgets to power down the phone first?

Michael Allen - 返信

Disconnecting the battery is a safety precaution, and yes it's worth doing. Even with the phone powered off, there is some danger of blowing the backlight filter fuse if you disconnect the display while the battery is connected. At that point you're no longer looking at a simple DIY repair. Even though it's possible to skip this step and still come out okay, my advice is not to risk it.

Jeff Suovanen -

iPhoneからバッテリーコネクターのブラケットを取り出します。
  • iPhoneからバッテリーコネクターのブラケットを取り出します。

コメントを追加する

スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを外します。
  • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを外します。

Why do we need to disconnect the battery?

Maria Raesch - 返信

Sorry, I missed the comments on step 9 that detail the procedure.

Maria Raesch - 返信

Instead of using a spudger, you can use your fingernails too. This is quicker and enables you to feel if you're not accidentally putting on too much pressure or lifting the connector instead of the cable.

Jona Wolff - 返信

Accidentally pulling out the logic board socket is no idle warning - exactly what I did without much effort. I think this shouldn’t be described as ‘prying’ up because it implies needing to use force - but these things actually pop off quite easily with a nudge, which you discover at later steps.

Peter Hill - 返信

ロジックボードに留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから、次の#000 プラスネジを外します。
  • ロジックボードに留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから、次の#000 プラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー2本

    • 1.7 mmネジー1本

    • 3.25 mm ネジー1本

  • 再組み立ての際には上記手順にあるネジの位置を十分に確認してください。謝って右側下のネジ穴に3.25 mmのネジや1.7 mm ネジのどちらかを装着すると、デバイスが正しく機能せず、ロジックボードに致命的なダメージを与えてしまうことがあります。

  • ネジを固く締めすぎないようにご注意ください。簡単にネジが留まらない場合は、誤ったサイズのネジを装着している可能性があります。無理に留めないでください。

In step 9: I think you are talking about the 3,25 and 1,7mm one not the 1,3 and the 1,7mm?

Siegbert Waldner - 返信

DO NOT Remove the battery, there is no need to and can cause unnecessary damage! There's a tutorial on YouTube that does it without!

Alister Malcolm - 返信

I didn't need to remove the front panel to replace the lightning connector. Just prop it up like in Step 8, then skip steps 12-16.

jacobstevens - 返信

I always put my screws in a magnet tray and place the screws in the exact position they were taken out. The magnet tray holds the screws tight in the position I put them in. No chasing on the floor looking for small screws that you brushed off the table.

Fredrick Apel - 返信

I always take a picture of the phone, print it out, then use scotch tape to tape the screws onto the picture in the location where they go. You don't lose the screws and you always know where they go for re-assembly

K Jansen - 返信

good tip! but instead of taking & printing a picture of your own phone, you probably could just print the color coded pic from this step (assuming everything on your phone is exactly the same).

travismlive -

When reassembling, the screw holder that the screws screw into came off the board. Is there a way to superglue that back in?

Chandler Perez - 返信

did NOT remove the front entirely. its not necessary to do this to remove the battery. these are only precautionary steps in case your clumsy or you feel you might not be able to manage it without. as always, be cautious.

matt - 返信

ロジックボードからフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。
  • ロジックボードからフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。

コメントを追加する

プラスチック開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。 コネクターのみに接触してください。ロジックボードのソケットには触れないでください。
  • プラスチック開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

  • コネクターのみに接触してください。ロジックボードのソケットには触れないでください。

コメントを追加する

フロントパネルを手で固定しながら、LCDケーブルコネクターを外します。 LCDとデジタイザーコネクターは同じケーブルアセンブリに繋がっています。そのため、LCDコネクターの接続を外すと双方のコネクターが外れてしまいます。ディスプレイを取り出す前に、2つのケーブルの接続が完全に切ってあるか確認してください。 デバイスを再組み立てする際に、LCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状が現れる場合は単純にケーブルをコネクターに再接続をして、電話を再起動してください。電話の再起動はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。
  • フロントパネルを手で固定しながら、LCDケーブルコネクターを外します。

    • LCDとデジタイザーコネクターは同じケーブルアセンブリに繋がっています。そのため、LCDコネクターの接続を外すと双方のコネクターが外れてしまいます。ディスプレイを取り出す前に、2つのケーブルの接続が完全に切ってあるか確認してください。

  • デバイスを再組み立てする際に、LCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状が現れる場合は単純にケーブルをコネクターに再接続をして、電話を再起動してください。電話の再起動はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。

I replaced the broken front panel of the iPhone 5c and got the "famous white stripes" on the new screen. Reading about all kind of problems that the lcd/digitizer cable contacts may cause, I compared the cable connectors of the original Apple and the replacement part I bought online with a 35x magnifying glass. The quality difference was visible: The white description on the original part on the cable next to the connector is: 821-1784-A, while the inferior replacement part is: 821-1784-02. Check out the two numbers online and insist getting the "A" to avoid future troubles !!!

Harold Wallner - 返信

This person above is not knowledgeable. That number is a camera proxy part number, not the lcd or digitizer number. It changes with production date, both for original and aftermarket ones. A, B, D, 02, 04, 08 etc. Can all be either or.

vince -

Apple uses numerical revisions (-02) for pre-production parts, and alpha revisions (-A) for production revisions. It looks like you got a preproduction assembly, or a knock-off.

terrymccallum -

There are, in fact, three connectors in this step, not two. The front-facing camera and digitizer connector (Step 11) is really difficult to align when you put it back. Took me about 15 minutes before I succeeded.

Now I have a different problem. Everything works just dandy, EXCEPT:

Towards the bottom of the screen (in portrait) there is a horizontal line that is dead to the touch. For example, on the keyboard, I can use the spacebar, but not C V B N M, etcetera.

Three possibilities in my mind: One, when I dropped it, something else besides the glass and digitizer, etc, was damaged.

Two: I did not replace the cables correctly. This seems unlikely. They all "clicked" into place and stayed there.

Three: The digitizer supplied is faulty.

Comments? Which cable/connector could be causing this -- if it is that?

piet - 返信

Take apart, Clean Connections, Put back together.... If same problem sounds like a fault part...

duston -

When reassembling the iPhone 5c, I used the flat end of the spudger to press on the connectors and maintain them while replacing the front panel on the body of the iPhone.

The third and "deepest" connector no longer slips out of its socket, which it did before holding the whole lot with the spudger.

jimbbo - 返信

If the ESD plate covering the connectors is properly re-attached to the phone, you should not have to do this. The cover holds all the connectors in place just fine.

iBroke -

背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。
  • 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。

Very clear and percise.

Jessica Fader - 返信

ディスプレイアセンブリに留められたホームボタンブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。
  • ディスプレイアセンブリに留められたホームボタンブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。

Ok the screw are just the 2 highlighted in red. Note that if you fix them too tight the button will lose some space. I suggest to fix them tight and then to unscrew them of 180° just to remove some pressure. Then try the home button movement: if it’s ok go ahead otherwise if it has no freedom to move unscrew again a little bit

Francesco Garuti - 返信

プラスチック製開口ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。 右側のブレーカー接点の下から外していきます。それから左側に移ります。
  • プラスチック製開口ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。

  • 右側のブレーカー接点の下から外していきます。それから左側に移ります。

    • 左側から右側に作業を進めていくと、リボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。ブレーカー接点はフロントパネルに留められています。先に接着剤を取ってから作業を始めます。

    • プラスチック製開口ツールがブレーカー接点下でスライドしにくい場合は、ツールを裏返して、接着剤を緩めるためにブレーカーの右側に向けてゆっくりと押し当てます。

コメントを追加する

ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り出します。
  • ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り出します。

  • 新しいホームボタンリボンを装着する場合は、再組み立ての際にメタル製ブラケットを確認して新しいリボンケーブルに移してください。

Wenn der Home Button nach dem Austausch immer noch nicht funktioniert, sollte man sich die beiden kleinen Kontakte anschauen, die auf der Platine an einem Flachbandkabel sind und auf die in dieser Anleitung zu sehenden messingfarbenen Kontakte drücken. Ist einer dieser beiden Kontakte defekt, muss man den Lightning Anschluss ersetzen. Kostet zwar unter 5€, ist aber ziemlich aufwändig, da der Akku ausgebaut werden muss.

Skyynet - 返信

フロントパネルからホームボタン上部の右端角を丁寧に押して外します。 ホームボタンを完全に押し出さないでください。角が取り外せたら、スパッジャーを使って外します。
  • フロントパネルからホームボタン上部の右端角を丁寧に押して外します。

  • ホームボタンを完全に押し出さないでください。角が取り外せたら、スパッジャーを使って外します。

  • ホームボタンの膜面はとても薄くできています。ボタンが裂けてしまうと感じたら、熱を当てて温めてから、作業を再開してください。

コメントを追加する

スパッジャーでディスプレイから残りのホームボタン部分を丁寧に剥がします。
  • スパッジャーでディスプレイから残りのホームボタン部分を丁寧に剥がします。

Note that under the home button is a very thin adhesive “gasket” that attaches the button to the screen. The home button can easily separate from this adhesive band. If you are not careful you stretch or break it. I used heat fron a hair dryer to loosen it and get it off with the home button.

George Pagliarulo - 返信

フロントパネルからホームボタンアセンブリを取り出します。
  • フロントパネルからホームボタンアセンブリを取り出します。

コメントを追加する

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

86 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! 貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Lionheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

323,476 ポイント

1,664のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

113 メンバー

6,002のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 17

過去 7 日: 140

過去 30 日: 531

今までの合計 42,677