メインコンテンツにスキップ

はじめに

必須条件ガイド。この修理ガイドには、iPad Air 2 Wi-Fi の開口方法からのコンテンツを複製しています。Air 2の開口方法はディスプレイをヒンジのようにして、違う方向に向けて開口します。

  1. ディスプレイガラスにヒビが入っている場合は、作業中さらに程度が酷くならないように、ガラス上にテープを貼って怪我を防ぎます。 透明な梱包用テープをiPadディスプレイ表面に貼ってください。ディスプレイ全体を覆います。 こうすることで、ディスプレイをこじ開けて持ち上げる際に、ガラスの飛散を防ぎ、全体の構造を保つことができます。
    • ディスプレイガラスにヒビが入っている場合は、作業中さらに程度が酷くならないように、ガラス上にテープを貼って怪我を防ぎます。

    • 透明な梱包用テープをiPadディスプレイ表面に貼ってください。ディスプレイ全体を覆います。

    • こうすることで、ディスプレイをこじ開けて持ち上げる際に、ガラスの飛散を防ぎ、全体の構造を保つことができます。

    • このガイドになるべく沿って作業を進めてください。しかしながら、ガラスが壊れている場合は、作業が進むにつれて程度が酷くなる場合があります。その場合は、メタル製ツールでガラスを綺麗に除去する必要があります。

    • ひび割れたLCDスクリーンから目を安全に保護するため、保護用メガネを必ず装着してください。

  2. iOpenerを使ってフロントパネルアセンブリを固定している接着剤を柔らかくします。iOpenerは、30秒以上電子レンジで温めないでください。
    • iOpenerを使ってフロントパネルアセンブリを固定している接着剤を柔らかくします。iOpenerは、30秒以上電子レンジで温めないでください。

    • 両側のタブを持って、温めたiOpenerをiPadの上部端に載せます。

    • iOpenerをiPad上に約2分間置きます。iPad全体とフロントパネルを固定している接着剤が柔らかくなります。

  3. iPadは外側から見ると、同じに見えますが、フロントガラスのある部分の下には、デリケートなコンポーネントが搭載されています。ダメージを与えないように、下に記載されたエリアは、必ず接着剤を温めてから、こじ開けてください。 インストラクションに従って、次のエリアをこじ開けないようにご注意ください。 ホームボタン
    • iPadは外側から見ると、同じに見えますが、フロントガラスのある部分の下には、デリケートなコンポーネントが搭載されています。ダメージを与えないように、下に記載されたエリアは、必ず接着剤を温めてから、こじ開けてください。

    • インストラクションに従って、次のエリアをこじ開けないようにご注意ください。

    • ホームボタン

    • フロント向きカメラ

    • メインカメラ

  4. iPadのフロント向きカメラの上に吸盤カップを装着して、しっかりとシールさせるためにノブを押し込みます。 しっかりとしたグリップを作るには、吸盤カップをできるだけ端に近い位置に取り付けてください。ディスプレイからはみ出さないようにしてください。
    • iPadのフロント向きカメラの上に吸盤カップを装着して、しっかりとシールさせるためにノブを押し込みます。

    • しっかりとしたグリップを作るには、吸盤カップをできるだけ端に近い位置に取り付けてください。ディスプレイからはみ出さないようにしてください。

  5. 吸盤カップをしっかりと引き上げて、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。 ガラスが割れてしまうことがあるため、強く引っ張らないでください。 十分な隙間が開いたら、開口ピックを隙間に差し込み、接着剤の再装着を防ぎます。
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げて、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。

    • ガラスが割れてしまうことがあるため、強く引っ張らないでください。

    • 十分な隙間が開いたら、開口ピックを隙間に差し込み、接着剤の再装着を防ぎます。

  6. ピックをディスプレイ周辺に沿ってスライドし、ヘッドホンジャック付近まで到達させます。 開口ピックをスライドする際に、かなりの抵抗感を感じたら、 iOpenerを温め直してください。 ディスプレイエリア内部のベゼルを超えて、開口ピックを差し込まないでください。デバイスにダメージを与えてしまいます。
    • ピックをディスプレイ周辺に沿ってスライドし、ヘッドホンジャック付近まで到達させます。

    • 開口ピックをスライドする際に、かなりの抵抗感を感じたら、 iOpenerを温め直してください。

    • ディスプレイエリア内部のベゼルを超えて、開口ピックを差し込まないでください。デバイスにダメージを与えてしまいます。

    • 目安としては、開口部ピックを0.5cm以上、iPad内側に挿入しないことです。

  7. フロント向きカメラ付近に、2枚目の開口ピックを差し込みます。 フロント向きカメラ付近に、2枚目の開口ピックを差し込みます。
    • フロント向きカメラ付近に、2枚目の開口ピックを差し込みます。

  8. iPadの上部端に沿って2番目の開口ピックを、スリープ/スリープ解除ボタン側に向けてスライドします。 iPadの上部端に沿って2番目の開口ピックを、スリープ/スリープ解除ボタン側に向けてスライドします。 iPadの上部端に沿って2番目の開口ピックを、スリープ/スリープ解除ボタン側に向けてスライドします。
    • iPadの上部端に沿って2番目の開口ピックを、スリープ/スリープ解除ボタン側に向けてスライドします。

  9. フロント向きカメラ付近に、3枚目の開口ピックを挿入します。 フロント向きカメラ付近に、3枚目の開口ピックを挿入します。
    • フロント向きカメラ付近に、3枚目の開口ピックを挿入します。

  10. iPadの右上コーナー周辺を、開口ピックで前後にスライドします。 iPadの右上コーナー周辺を、開口ピックで前後にスライドします。 iPadの右上コーナー周辺を、開口ピックで前後にスライドします。
    • iPadの右上コーナー周辺を、開口ピックで前後にスライドします。

  11. タブレットの左上コーナー周辺に、開口ピックを前後にスライドします。 タブレットの左上コーナー周辺に、開口ピックを前後にスライドします。 タブレットの左上コーナー周辺に、開口ピックを前後にスライドします。
    • タブレットの左上コーナー周辺に、開口ピックを前後にスライドします。

  12. iOpenerを再度温めて、ディスプレイの右端に載せて、下に留められた接着剤を柔らかくします。
    • iOpenerを再度温めて、ディスプレイの右端に載せて、下に留められた接着剤を柔らかくします。

  13. 右側の開口ピックを、ディスプレイ半分あたりまでスライドします。 右側の開口ピックを、ディスプレイ半分あたりまでスライドします。 右側の開口ピックを、ディスプレイ半分あたりまでスライドします。
    • 右側の開口ピックを、ディスプレイ半分あたりまでスライドします。

  14. iOpenerを再度温めて、iPad左側に沿って載せます。
    • iOpenerを再度温めて、iPad左側に沿って載せます。

  15. 左側のディスプレイ半分付近まで、開口ピックをスライドします。 左側のディスプレイ半分付近まで、開口ピックをスライドします。 左側のディスプレイ半分付近まで、開口ピックをスライドします。
    • 左側のディスプレイ半分付近まで、開口ピックをスライドします。

  16. iPad右側に残している開口ピックを、右下コーナーまでスライドします。 必要に応じて、ディスプレイアセンブリの右端上の接着剤を温めて柔らかくします。 必要に応じて、ディスプレイアセンブリの右端上の接着剤を温めて柔らかくします。
    • iPad右側に残している開口ピックを、右下コーナーまでスライドします。

    • 必要に応じて、ディスプレイアセンブリの右端上の接着剤を温めて柔らかくします。

  17. 左側の開口ピックを、ディスプレイに沿ってスライドして、左下コーナーに到達したら止めます。 左側の開口ピックを、ディスプレイに沿ってスライドして、左下コーナーに到達したら止めます。 左側の開口ピックを、ディスプレイに沿ってスライドして、左下コーナーに到達したら止めます。
    • 左側の開口ピックを、ディスプレイに沿ってスライドして、左下コーナーに到達したら止めます。

  18. iOpenerを使って、iPadの下部端を温めます。
    • iOpenerを使って、iPadの下部端を温めます。

  19. iPadに残している右側開口ピックを、右下コーナーに沿ってスライドします。 iPadに残している右側開口ピックを、右下コーナーに沿ってスライドします。 iPadに残している右側開口ピックを、右下コーナーに沿ってスライドします。
    • iPadに残している右側開口ピックを、右下コーナーに沿ってスライドします。

  20. 左側の開口ピックも同じ作業を繰り返します。 iOpenerを必要に応じて温めてください。 iOpenerを必要に応じて温めてください。
    • 左側の開口ピックも同じ作業を繰り返します。

    • iOpenerを必要に応じて温めてください。

  21. iPad右下の開口ピックを取り出します。 iPad右下の開口ピックを取り出します。
    • iPad右下の開口ピックを取り出します。

  22. 左側開口ピックを、ディスプレイ左下の端にそってスライドしてから、iPad右下コーナーから取り出します。 開口ピックを0.5cm以上深くまで差し込まないようにご注意ください。ホームボタンやディスプレイケーブルにダメージを与えてしまいます。 開口ピックを0.5cm以上深くまで差し込まないようにご注意ください。ホームボタンやディスプレイケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • 左側開口ピックを、ディスプレイ左下の端にそってスライドしてから、iPad右下コーナーから取り出します。

    • 開口ピックを0.5cm以上深くまで差し込まないようにご注意ください。ホームボタンやディスプレイケーブルにダメージを与えてしまいます。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

169,183 ポイント

424のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

137 メンバー

16,751のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 0

過去 30 日: 0

今までの合計 75