メインコンテンツにスキップ

ビデオの概要

はじめに

この分解ビデオを日本語字幕付きでご覧いただけます。YouTubeにログイン後、画面右下の設定より日本語字幕を選択してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのiPad Pro 12.9" 4th Genを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

    まとめ
    • USB-Cポートはモジュールで、パーツ別の交換が可能です。
    • 修理頻度が高い、物理的なホームボタンが無いため、修理は簡単になります。
    • バッテリーは、簡単に取り外しができるストレッチして外すタブと、通常のように剥がせない接着剤両方が使用されています。
    • LCDとフロントパネルのガラスは融合されています。開口方法は簡単ですが、修理代コストは高くなります。
    • 多量の接着剤があらゆるパーツを固定しているため、すべての修理作業を困難にして、手間がかかります。
    リペアビリティのスコア
    3
    10点中3点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

8 件のコメント

Who manufactures the LiDAR hardware?

Shaun O'Flaherty - 返信

Looks like a ToF not real LiDAR. Apple marketing spin again

i.thanh -

https://tof-insights.com/time-of-flight-... Goes into details on pros and cons of a ToF versus LiDAR - and it appears there are many reasons why it makes sense to do a TOF LiDAR versus a full system when we are talking about a mobile device. Marketing spin, I hardly think so. It’s achieving the same functionality with many benefits on the device end.

Andrew C. A. -

When are you going to get a look at the IC’s in this?

Sean Davis - 返信

it actually is a lidar and not a time of flight camera

cool tech with mick - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 11

過去 7 日: 150

過去 30 日: 783

今までの合計 36,002