メインコンテンツにスキップ

はじめに

ロジックボード、ヒートシンク、CPUの必須条件

  1. ロジックボード上のGPUの後ろから4本の7.5mm T8ネジを外します。 これらのネジは、大きなスプリング付きのPhillips#2ネジの中にセットされています。 T8ネジを緩めたときに大きなネジが回転しないようにするには、指先またはPhillips#2ドライバーで持ちます。 これらのネジは、大きなスプリング付きのPhillips#2ネジの中にセットされています。 T8ネジを緩めたときに大きなネジが回転しないようにするには、指先またはPhillips#2ドライバーで持ちます。
    • ロジックボード上のGPUの後ろから4本の7.5mm T8ネジを外します。

    • これらのネジは、大きなスプリング付きのPhillips#2ネジの中にセットされています。 T8ネジを緩めたときに大きなネジが回転しないようにするには、指先またはPhillips#2ドライバーで持ちます。

  2. ブラケットをGPUヒートシンクの後ろから取り外します。
    • ブラケットをGPUヒートシンクの後ろから取り外します。

  3. CPUヒートシンクの背面から4つの黒いステッカーを取り外します。
    • CPUヒートシンクの背面から4つの黒いステッカーを取り外します。

  4. CPUヒートシンクの背面から4本の12.3 mm T10ネジを取り外します。
    • CPUヒートシンクの背面から4本の12.3 mm T10ネジを取り外します。

  5. CPUヒートシンクの後ろからスプリングプレートを取り外します。 CPUヒートシンクの裏側からバッキングプレートを持ち上げて取り外します。 バッキングプレートは、ロジックボードの位置合わせ穴にはめ込まれた2つの柱(ネジ)を備えています。 CPUヒートシンクの裏側からバッキングプレートを持ち上げて取り外します。 バッキングプレートは、ロジックボードの位置合わせ穴にはめ込まれた2つの柱(ネジ)を備えています。
    • CPUヒートシンクの後ろからスプリングプレートを取り外します。

    • CPUヒートシンクの裏側からバッキングプレートを持ち上げて取り外します。 バッキングプレートは、ロジックボードの位置合わせ穴にはめ込まれた2つの柱(ネジ)を備えています。

  6. ロジックボードからヒートシンクを持ち上げます。 CPUはヒートシンクに固着する可能性が高いため、設置場所を慎重に検討してください。 CPUはヒートシンクに固着する可能性が高いため、設置場所を慎重に検討してください。
    • ロジックボードからヒートシンクを持ち上げます。

    • CPUはヒートシンクに固着する可能性が高いため、設置場所を慎重に検討してください。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

423,370 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

9,066のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1

過去 30 日: 2

今までの合計 126