メインコンテンツにスキップ
  1. 温度センサーケーブルの接続を外す前に、取り付け位置を記録してください。ファンが最高速で回転しないように、現在の位置にコネクタを再度取り付けることは、極めて重要です。交換用ハードドライブに複数のピンがついていれば、コネクタをSATA接続部とPCBボードに最も近い位置に取り付けます。 ハードドライブのソケットからコネクタを引き抜き、温度センサー、SATA電源、SATAデータケーブルの接続を外します。 ハードドライブのソケットからコネクタを引き抜き、温度センサー、SATA電源、SATAデータケーブルの接続を外します。
    • 温度センサーケーブルの接続を外す前に、取り付け位置を記録してください。ファンが最高速で回転しないように、現在の位置にコネクタを再度取り付けることは、極めて重要です。交換用ハードドライブに複数のピンがついていれば、コネクタをSATA接続部とPCBボードに最も近い位置に取り付けます。

    • ハードドライブのソケットからコネクタを引き抜き、温度センサー、SATA電源、SATAデータケーブルの接続を外します。

  2. 上部ハードドライブのブラケットをアウターケースに固定しているT10トルクスネジを2本外します。
    • 上部ハードドライブのブラケットをアウターケースに固定しているT10トルクスネジを2本外します。

  3. アウターケースからハードドライブをわずかに回転させて離します。 2つの下部固定ピンからハードドライブを持ち上げ、アウターケースから取り外します。
    • アウターケースからハードドライブをわずかに回転させて離します。

    • 2つの下部固定ピンからハードドライブを持ち上げ、アウターケースから取り外します。

  4. 上部ブラケットをハードドライブに固定しているT8トルクスネジを2本外します。
    • 上部ブラケットをハードドライブに固定しているT8トルクスネジを2本外します。

    • ハードドライブから上部ブラケットを取り外します。

  5. ハードドライブの反対側からT8トルクスピンを2本外します。
    • ハードドライブの反対側からT8トルクスピンを2本外します。

  6. ハードドライブ表面に貼られたEMIフォームを注意深く剥がします。
    • ハードドライブ表面に貼られたEMIフォームを注意深く剥がします。

    • このEMIフォームを新しいハードドライブに忘れずに移してください。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 0

過去 30 日: 2

今までの合計 59