メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使って、お持ちのハードドライブの交換やアップグレードができます。

このガイドはSSDを搭載したiMacのハードドライブのアップグレードの方法も書いてあります。どうやってSSDの温度センサーをインストールすればいいか書いてあるのでMacのファンは正しいスピードで動作するでしょう。

iMacを起動させる前にコンピューターのプラグを抜き、電力供給のコンデンサを放電するために10秒間、電源ボタンを押したままにします。

細心の注意をしてくださいコンデンサのリード線や電力供給装置の裏にあるむき出しのはんだ接合には、絶対に触れないでください。

    • 作業を始める前に、iMacの電源を切り、画像のように本体を倒して、柔らかい表面上に載せてください。

    • ガラスパネルの上部コーナーの2箇所に吸盤カップを取り付けます。

    • iFixitが販売している吸盤カップを取り付けるには、まず吸盤カップの持ち手ハンドルをガラスパネルの表面に対して水平になるように上げてください。ガラスに吸盤カップを軽く装着して、もう一方のハンドルも平行になるように上げてください。

    • 吸盤カップがうまく装着しない場合は、ガラスパネルと吸盤カップを中性洗剤などで綺麗に拭き取ってください。

  1. ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。
    • ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン

    • ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。

    • 再組み立ての際には、ガラスパネルの内側やLCD表面を綺麗に拭いてください。デバイスの電源を入れると、ほこりや指紋が内部に閉じ込められ、視界が遮られてしまうことがあります。

  2. ディスプレイをアウターケースに固定している8mm T10トルクスネジを8本外します。 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。
    • ディスプレイをアウターケースに固定している8mm T10トルクスネジを8本外します。

    • 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。

  3. アウターケースからディスプレイの上部端をわずかに持ち上げます。
    • アウターケースからディスプレイの上部端をわずかに持ち上げます。

    • 持ち上げすぎないでください。ロジックボードとディスプレイを繋いでいるケーブルが数本あります。

  4. iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。 iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。
    • iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。

  5. LEDドライバーボードからLEDバックライトのパワーケーブルの接続が外れるように、アウターケースからディスプレイを回転させます。 ロック機構のソケットからコネクタを引き抜きながら( iMacの下側端に向けて)、ロック機構を押し込んで、LEDバックライトパワーケーブルの接続を外します。
    • LEDドライバーボードからLEDバックライトのパワーケーブルの接続が外れるように、アウターケースからディスプレイを回転させます。

    • ロック機構のソケットからコネクタを引き抜きながら( iMacの下側端に向けて)、ロック機構を押し込んで、LEDバックライトパワーケーブルの接続を外します。

  6. ディスプレイデーターケーブルのプラグにはワイヤのロックが付いています。プラスチックのタブを上向きに回転させて、プラグのロックを解除します。(プルタブ式ではありません) ディスプレイのデータケーブルを、ロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • ディスプレイデーターケーブルのプラグにはワイヤのロックが付いています。プラスチックのタブを上向きに回転させて、プラグのロックを解除します。(プルタブ式ではありません)

    • ディスプレイのデータケーブルを、ロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • ディスプレイデータケーブルのソケットは非常に脆いので、ケーブルを上向きに引き抜かないでください。ケーブルをロジックボードの表面と平行に引き抜きます。

  7. LCDサーマルセンサケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外します。 作業完了後、ファンがフルスピードで回転している場合は、このLCDサーマルセンサケーブルのコネクタもしくは、ハードドライブのサーマルセンサケーブルを点検してください。
    • LCDサーマルセンサケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外します。

    • 作業完了後、ファンがフルスピードで回転している場合は、このLCDサーマルセンサケーブルのコネクタもしくは、ハードドライブのサーマルセンサケーブルを点検してください。

  8. ディスプレイを iMacの上部端に向けて引き抜きます。それからケーブルが絡まっていないか確認しながら、アウターケースより持ち上げて取り出します。
    • ディスプレイを iMacの上部端に向けて引き抜きます。それからケーブルが絡まっていないか確認しながら、アウターケースより持ち上げて取り出します。

  9. ハードドライブの温度センサーのコネクタをiMacの上部端に向けて引っ張り、ロジックボード上のソケットから接続を外します。 ハードドライブの温度センサーのコネクタをiMacの上部端に向けて引っ張り、ロジックボード上のソケットから接続を外します。
    • ハードドライブの温度センサーのコネクタをiMacの上部端に向けて引っ張り、ロジックボード上のソケットから接続を外します。

  10. 上部ハードドライブブラケットをアウターケースに固定している9 mm T10トルクスネジを2本外します。
    • 上部ハードドライブブラケットをアウターケースに固定している9 mm T10トルクスネジを2本外します。

  11. アウターケースからハードドライブを少し回しながら取り出し、iMacの上部端に向けて固定用ピンからドライブを持ち上げます。
    • アウターケースからハードドライブを少し回しながら取り出し、iMacの上部端に向けて固定用ピンからドライブを持ち上げます。

    • ハードドライブを持ち上げる際は、AirMacカードに触れないように注意してください。

  12. 各コネクタをハードドライブから引き離し、SATAデータケーブルとSATA電源コネクタを各ソケットから接続を外します。 各コネクタをハードドライブから引き離し、SATAデータケーブルとSATA電源コネクタを各ソケットから接続を外します。
    • 各コネクタをハードドライブから引き離し、SATAデータケーブルとSATA電源コネクタを各ソケットから接続を外します。

  13. サーマルセンサーケーブルの接続を外す前に、その向きに注意してください。 ファンがフルスピードで動作するのを防ぐため、コネクタを正しい方向に再インストールすることが重要です。 交換用ハードドライブに複数のピンが付いている場合は、コネクタをSATA接続に最も近く、PCBボードに最も近い配置に繋げます。 ハードドライブのサーマルセンサーケーブルの接続を、ハードドライブから外します。
    • サーマルセンサーケーブルの接続を外す前に、その向きに注意してください。 ファンがフルスピードで動作するのを防ぐため、コネクタを正しい方向に再インストールすることが重要です。 交換用ハードドライブに複数のピンが付いている場合は、コネクタをSATA接続に最も近く、PCBボードに最も近い配置に繋げます。

    • ハードドライブのサーマルセンサーケーブルの接続を、ハードドライブから外します。

  14. ハードドライブと上部ブラケットを固定している、T8トルクスネジを2本外します。
    • ハードドライブと上部ブラケットを固定している、T8トルクスネジを2本外します。

    • ハードドライブから上部ブラケットを取り出します。

  15. ハードドライブの反対側から、T8トルクスピンを2つ取り出します。
    • ハードドライブの反対側から、T8トルクスピンを2つ取り出します。

  16. ハードドライブの正面側に付いているEMIフォームの一部を、慎重に剥がします。
    • ハードドライブの正面側に付いているEMIフォームの一部を、慎重に剥がします。

    • 新しいハードドライブにこのフォームを移植してください。

  17. ハードドライブをSSDに交換する場合は次の手順から手順10まで作業を進めてください。 指でエンクロージャー正面プレートのラッチを押し下げます。ラッチを下げながら、プレートをひねって取り外します。 フロントプレートを外します。
    • ハードドライブをSSDに交換する場合は次の手順から手順10まで作業を進めてください。

    • 指でエンクロージャー正面プレートのラッチを押し下げます。ラッチを下げながら、プレートをひねって取り外します。

    • フロントプレートを外します。

  18. SSDを3.5インチ変換器に画像のように挿入します。 しっかり刺さるまで入れてください。 SSDコネクターは1つしか方向がありません。コネクターがささらない場合はSSDの向きを確認してください。
    • SSDを3.5インチ変換器に画像のように挿入します。

    • しっかり刺さるまで入れてください。

    • SSDコネクターは1つしか方向がありません。コネクターがささらない場合はSSDの向きを確認してください。

  19. エンクロージャーキットに付属の#1プラスネジをオプションで取り付けて、エンクロージャーにSSDを固定できます。
    • エンクロージャーキットに付属の#1プラスネジをオプションで取り付けて、エンクロージャーにSSDを固定できます。

  20. SATA端子にセンサー付きのSATA電源を大きい方の端子に挿入します。 ケーブルの向きは単方向です。ささらない場合は挿入しなおしてください。
    • SATA端子にセンサー付きのSATA電源を大きい方の端子に挿入します。

    • ケーブルの向きは単方向です。ささらない場合は挿入しなおしてください。

  21. 温度センサーボードの接着剤の裏側をはがします。 温度センサーボードを、SSDの表面の露出した金属部分の、SATAコネクタのできるだけ近くに接着します。 邪魔にならないように、余分な温度センサーのワイヤーを折りたたみます。
    • 温度センサーボードの接着剤の裏側をはがします。

    • 温度センサーボードを、SSDの表面の露出した金属部分の、SATAコネクタのできるだけ近くに接着します。

    • 邪魔にならないように、余分な温度センサーのワイヤーを折りたたみます。

  22. エンクロージャーの側面の古いハードドライブからマウンタピンを挿入します。
    • エンクロージャーの側面の古いハードドライブからマウンタピンを挿入します。

    • マウンタの穴にはネジが付いていない場合があるため、取り付けピンをそれらにねじ込むには、追加の作業が必要になる場合があります。 時間をかけてゆっくりとねじ込み、まっすぐ入るようにします。

  23. 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットをエンクロージャーに取り付けます。 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットをエンクロージャーに取り付けます。
    • 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットをエンクロージャーに取り付けます。

  24. iMacのSATA電源ケーブルを新しい温度対応SATA電源ケーブルに接続します。 他のコンポーネントと干渉しない場所にSATAケーブルを配線します。
    • iMacのSATA電源ケーブルを新しい温度対応SATA電源ケーブルに接続します。

    • 他のコンポーネントと干渉しない場所にSATAケーブルを配線します。

  25. iMacのSATAデータケーブルをエンクロージャーのSATAデータコネクタに接続します。 iMacのSATAデータケーブルをエンクロージャーのSATAデータコネクタに接続します。
    • iMacのSATAデータケーブルをエンクロージャーのSATAデータコネクタに接続します。

  26. ロジックボードのHD TMPもしくはHDD TEMPに温度センサのケーブルを差し込みます。 場所がわからない場合は、古いHDDドライブから取り外した2線式温度ケーブルをたどります。 以前の温度ケーブルがまだボードに接続されている場合は、取り外します。もう必要ありません。
    • ロジックボードのHD TMPもしくはHDD TEMPに温度センサのケーブルを差し込みます。

    • 場所がわからない場合は、古いHDDドライブから取り外した2線式温度ケーブルをたどります。

    • 以前の温度ケーブルがまだボードに接続されている場合は、取り外します。もう必要ありません。

    • 温度センサーの2線式赤黒ケーブルを、HD TMPまたはHDD TEMPというラベルの付いたマザーボードのプラグに接続します。

    • コネクタは、一方向にのみ適合するようにツメがあります。 コネクタがソケットに適合していないように見える場合は、コネクタを裏返して再試行してください。

    • 余分なワイヤーを他の部品に干渉しないようにします。

終わりに

デバイスを組み立て直すには、これらの手順と逆の順序に従ってください。

231 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

547,671 ポイント

618のガイドは作成済み

43 件のコメント

I went through all the steps and now when I attempt to boot, I hear the apple chime, but I get nothing on screen.

I thought this might have to do with a loose cord, but when I reattached the suspect cord (the display data cable) it did not resolve the problem.

Anyone have any ideas as to what could be causing the display to malfunction?

Monty - 返信

I had this problem as well, caused by a small cable coming from the display. It is a Sync Cable with a small 2 Pin Molex connector, and it popped up and got hidden when I removed the display, which caused me to forget to re-attach it during reassembly.

capone99 -

Question for capone99: where did this cable come from? Was it one of the five specified for unplugging in this guide? Or are you saying it came loose by itself during installation?

lewisthegreat -

Did anyone ever solve this? Having the same issue.

rowanevan -

In step 14, the Apple connector for the hard drive has a locking mechanise that doesn't fit most replacement hard drives. I got an identical hard drive that doesn't have a provision for the connector. A little bit of shaving or filing of the plastic connector did the trick.

mercadoamiel - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 54

過去 7 日: 450

過去 30 日: 2,072

今までの合計 257,708