メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、iMac Intel 21.5インチ EMC 2389 電源ユニットの交換をします。

    • 作業を始める前に、iMacの電源を切り、画像のように本体を倒して、柔らかい表面上に載せてください。

    • ガラスパネルの上部コーナーの2箇所に吸盤カップを取り付けます。

    • iFixitが販売している吸盤カップを取り付けるには、まず吸盤カップの持ち手ハンドルをガラスパネルの表面に対して水平になるように上げてください。ガラスに吸盤カップを軽く装着して、もう一方のハンドルも平行になるように上げてください。

    • 吸盤カップがうまく装着しない場合は、ガラスパネルと吸盤カップを中性洗剤などで綺麗に拭き取ってください。

  1. ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。
    • ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン

    • ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。

    • 再組み立ての際には、ガラスパネルの内側やLCD表面を綺麗に拭いてください。デバイスの電源を入れると、ほこりや指紋が内部に閉じ込められ、視界が遮られてしまうことがあります。

  2. ディスプレイをアウターケースに固定している8mm T10トルクスネジを8本外します。 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。
    • ディスプレイをアウターケースに固定している8mm T10トルクスネジを8本外します。

    • 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。

  3. アウターケースからディスプレイの上部端をわずかに持ち上げます。
    • アウターケースからディスプレイの上部端をわずかに持ち上げます。

    • 持ち上げすぎないでください。ロジックボードとディスプレイを繋いでいるケーブルが数本あります。

  4. iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。 iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。
    • iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。

  5. LEDドライバーボードからLEDバックライトのパワーケーブルの接続が外れるように、アウターケースからディスプレイを回転させます。 ロック機構のソケットからコネクタを引き抜きながら( iMacの下側端に向けて)、ロック機構を押し込んで、LEDバックライトパワーケーブルの接続を外します。
    • LEDドライバーボードからLEDバックライトのパワーケーブルの接続が外れるように、アウターケースからディスプレイを回転させます。

    • ロック機構のソケットからコネクタを引き抜きながら( iMacの下側端に向けて)、ロック機構を押し込んで、LEDバックライトパワーケーブルの接続を外します。

  6. ディスプレイデーターケーブルのプラグにはワイヤのロックが付いています。プラスチックのタブを上向きに回転させて、プラグのロックを解除します。(プルタブ式ではありません) ディスプレイのデータケーブルを、ロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • ディスプレイデーターケーブルのプラグにはワイヤのロックが付いています。プラスチックのタブを上向きに回転させて、プラグのロックを解除します。(プルタブ式ではありません)

    • ディスプレイのデータケーブルを、ロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • ディスプレイデータケーブルのソケットは非常に脆いので、ケーブルを上向きに引き抜かないでください。ケーブルをロジックボードの表面と平行に引き抜きます。

  7. LCDサーマルセンサケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外します。 作業完了後、ファンがフルスピードで回転している場合は、このLCDサーマルセンサケーブルのコネクタもしくは、ハードドライブのサーマルセンサケーブルを点検してください。
    • LCDサーマルセンサケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外します。

    • 作業完了後、ファンがフルスピードで回転している場合は、このLCDサーマルセンサケーブルのコネクタもしくは、ハードドライブのサーマルセンサケーブルを点検してください。

  8. ディスプレイを iMacの上部端に向けて引き抜きます。それからケーブルが絡まっていないか確認しながら、アウターケースより持ち上げて取り出します。
    • ディスプレイを iMacの上部端に向けて引き抜きます。それからケーブルが絡まっていないか確認しながら、アウターケースより持ち上げて取り出します。

  9. 次のいくつかの手順では、電源ユニットの露出面に手を近づけます。 ボードに取り付けられた大型コンデンサからの高電圧ショックを回避するために、絶対に電源の表面に触れないでください。
    • 次のいくつかの手順では、電源ユニットの露出面に手を近づけます。 ボードに取り付けられた大型コンデンサからの高電圧ショックを回避するために、絶対に電源の表面に触れないでください。

    • アウターケースに電源ユニットを固定している次の4本のネジを外します。

    • 9.3 mm T10粗ねじ−1本

    • 25 mm T10粗ネジ-1本

    • 22 mm T10 細めネジ-2本

  10. 電源ユニットの右上と左下のコーナーをリアケースから引き抜いて、電源ユニットの角につけられた固定ポストから位置をずらします。
    • 電源ユニットの右上と左下のコーナーをリアケースから引き抜いて、電源ユニットの角につけられた固定ポストから位置をずらします。

  11. 電源ユニットをアウターケースから慎重に持ち上げて回転させ、画像のようにケーブルロックを取り出します。DC-OutおよびAC-InケーブルがまだiMacに接続されています。ご注意ください。 電源ユニットのソケットからコネクタを引き抜きながら、コネクタのロック機構を押し下げてDC-Outケーブルの接続を外します。
    • 電源ユニットをアウターケースから慎重に持ち上げて回転させ、画像のようにケーブルロックを取り出します。DC-OutおよびAC-InケーブルがまだiMacに接続されています。ご注意ください。

    • 電源ユニットのソケットからコネクタを引き抜きながら、コネクタのロック機構を押し下げてDC-Outケーブルの接続を外します。

    • ロック機構がソケットから外れたら、DC-Out コネクタを電源ユニットから引き抜きます。

  12. コネクタをソケットから引き抜きながら、ロック機構を押し下げてAC-Inケーブルの接続を外します。
    • コネクタをソケットから引き抜きながら、ロック機構を押し下げてAC-Inケーブルの接続を外します。

    • アウターケースから電源ユニットを取り出します。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

29 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

568,841 ポイント

618のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 11

過去 30 日: 75

今までの合計 22,385