はじめに

このガイドを参照して、寿命を迎えた光学ドライブを交換しましょう。

    • 作業を始める前に、iMacの電源を切り、画像のように本体を倒して、柔らかい表面上に載せてください。

    • ガラスパネルの上部コーナーの2箇所に吸盤カップを取り付けます。

    • iFixitが販売している吸盤カップを取り付けるには、まず吸盤カップの持ち手ハンドルをガラスパネルの表面に対して水平になるように上げてください。ガラスに吸盤カップを軽く装着して、もう一方のハンドルも平行になるように上げてください。

    • 吸盤カップがうまく装着しない場合は、ガラスパネルと吸盤カップを中性洗剤などで綺麗に拭き取ってください。

  1. ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。
    • ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン

    • ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。

    • 再組み立ての際には、ガラスパネルの内側やLCD表面を綺麗に拭いてください。デバイスの電源を入れると、ほこりや指紋が内部に閉じ込められ、視界が遮られてしまうことがあります。

  2. ディスプレイをアウターケースに固定している8mm T10トルクスネジを8本外します。 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。
    • ディスプレイをアウターケースに固定している8mm T10トルクスネジを8本外します。

    • 2、3番目の画像をご覧いただくと、ディスプレイ両側の詳細が確認できます。

  3. アウターケースからディスプレイの上部端をわずかに持ち上げます。
    • アウターケースからディスプレイの上部端をわずかに持ち上げます。

    • 持ち上げすぎないでください。ロジックボードとディスプレイを繋いでいるケーブルが数本あります。

  4. iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。 iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。
    • iMacの上部左側端付近のLEDドライバーボード上のソケットから、垂直の同期ケーブルコネクタを引き抜きます。

  5. LEDドライバーボードからLEDバックライトのパワーケーブルの接続が外れるように、アウターケースからディスプレイを回転させます。 ロック機構のソケットからコネクタを引き抜きながら( iMacの下側端に向けて)、ロック機構を押し込んで、LEDバックライトパワーケーブルの接続を外します。
    • LEDドライバーボードからLEDバックライトのパワーケーブルの接続が外れるように、アウターケースからディスプレイを回転させます。

    • ロック機構のソケットからコネクタを引き抜きながら( iMacの下側端に向けて)、ロック機構を押し込んで、LEDバックライトパワーケーブルの接続を外します。

  6. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  7. ディスプレイデーターケーブルのプラグにはワイヤのロックが付いています。プラスチックのタブを上向きに回転させて、プラグのロックを解除します。(プルタブ式ではありません) ディスプレイのデータケーブルを、ロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • ディスプレイデーターケーブルのプラグにはワイヤのロックが付いています。プラスチックのタブを上向きに回転させて、プラグのロックを解除します。(プルタブ式ではありません)

    • ディスプレイのデータケーブルを、ロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • ディスプレイデータケーブルのソケットは非常に脆いので、ケーブルを上向きに引き抜かないでください。ケーブルをロジックボードの表面と平行に引き抜きます。

  8. LCDサーマルセンサケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外します。 作業完了後、ファンがフルスピードで回転している場合は、このLCDサーマルセンサケーブルのコネクタもしくは、ハードドライブのサーマルセンサケーブルを点検してください。
    • LCDサーマルセンサケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外します。

    • 作業完了後、ファンがフルスピードで回転している場合は、このLCDサーマルセンサケーブルのコネクタもしくは、ハードドライブのサーマルセンサケーブルを点検してください。

  9. ディスプレイを iMacの上部端に向けて引き抜きます。それからケーブルが絡まっていないか確認しながら、アウターケースより持ち上げて取り出します。
    • ディスプレイを iMacの上部端に向けて引き抜きます。それからケーブルが絡まっていないか確認しながら、アウターケースより持ち上げて取り出します。

  10. 次の4本のネジを外します。
    • 次の4本のネジを外します。

    • 9.3 mm T10 トルクス大ネジ(頭)ー1本

    • 9.3 mm T10トルクスネジー3本

  11. 光学ドライブのサーマルセンサのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外すため、 iMacの上部端に向けて引き抜きます。 光学ドライブのサーマルセンサのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外すため、 iMacの上部端に向けて引き抜きます。
    • 光学ドライブのサーマルセンサのコネクタを、ロジックボードのソケットから接続を外すため、 iMacの上部端に向けて引き抜きます。

  12. 光学ドライブの内部上端を持ち上げて、ロジックボードに付いているGPUフレームからコネクタを動かして外します。 光学ドライブをアウターケース右側の取付けピンから慎重に引き抜き、光学ドライブケーブルの接続を外すためのスペースを作ります。
    • 光学ドライブの内部上端を持ち上げて、ロジックボードに付いているGPUフレームからコネクタを動かして外します。

    • 光学ドライブをアウターケース右側の取付けピンから慎重に引き抜き、光学ドライブケーブルの接続を外すためのスペースを作ります。

    • GPUヒートシンクの裏から光学ドライブサーマルセンサーコネクタを巻き戻すときは、光学ドライブを下側に引っ掛けてください。

  13. 光学ドライブからコネクタを引っ張り、光学ドライブケーブルの接続を外します。
    • 光学ドライブからコネクタを引っ張り、光学ドライブケーブルの接続を外します。

    • iMacから光学ドライブを取り出します。

    • 2番目のハードドライブをインストールする際は、光学ドライブからサーマルセンサもエンクロージャーに移すのを忘れないでください。

  14. 光学ドライブブラケットからEMIテープ全体を剥がす必要はありません。光学ドライブのボディにつけられた赤色でハイライトされた部分のみを剥がしてください。 赤色でハイライトされたアルミテープ部分のみを剥がします。残りは黒い光学ドライブブラケットに装着したままにします。
    • 光学ドライブブラケットからEMIテープ全体を剥がす必要はありません。光学ドライブのボディにつけられた赤色でハイライトされた部分のみを剥がしてください。

    • 赤色でハイライトされたアルミテープ部分のみを剥がします。残りは黒い光学ドライブブラケットに装着したままにします。

  15. 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本ずつ(計4本)外します。 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本ずつ(計4本)外します。
    • 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本ずつ(計4本)外します。

  16. 必要に応じて、スパッジャーの先端を使って光学ドライブの底につけられた光学ドライブブラケット用のスロットに押し込んで、ブラケットのタブを外します。 光学ドライブブラケットを光学ドライブからわずかに回して外します。 光学ドライブブラケットを光学ドライブのオープンエンドから引き離します。タブが引っ掛からないようにご注意ください。
    • 必要に応じて、スパッジャーの先端を使って光学ドライブの底につけられた光学ドライブブラケット用のスロットに押し込んで、ブラケットのタブを外します。

    • 光学ドライブブラケットを光学ドライブからわずかに回して外します。

    • 光学ドライブブラケットを光学ドライブのオープンエンドから引き離します。タブが引っ掛からないようにご注意ください。

  17. スパッジャーの先端を使って、光学ドライブサーマルセンサを覆っているフォーム製テープの一部分を剥がします。 スパッジャーのフラットエンドを使って、サーマルセンサを光学ドライブに固定している接着剤を丁寧に剥がします。
    • スパッジャーの先端を使って、光学ドライブサーマルセンサを覆っているフォーム製テープの一部分を剥がします。

    • スパッジャーのフラットエンドを使って、サーマルセンサを光学ドライブに固定している接着剤を丁寧に剥がします。

    • 光学ドライブ内部にディスクや他の異物が詰まっている場合は、このガイドを参照して問題を解消しましょう。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

15 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

railgunさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

513,645 ポイント

618のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 26

過去 30 日: 118

今までの合計 19,218