メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使ってiMacのハードドライブをSSDにアップグレードします。SSDの温度センサを搭載する手順も含まれています。Macのファンが正しいスピードで稼働します。

必須条件のみのガイドです。mid 2011 iMac用の温度センサを含むSSDのアップグレードガイドです。

  1. ハードドライブをSSDキットと交換する場合、次の9つの手順に従ってください。 指を使って、筐体のフロントプレートのラッチを押し下げます。ラッチを押さえながら、プレートを外します。 フロントプレートを取り外します。
    • ハードドライブをSSDキットと交換する場合、次の9つの手順に従ってください。

    • 指を使って、筐体のフロントプレートのラッチを押し下げます。ラッチを押さえながら、プレートを外します。

    • フロントプレートを取り外します。

  2. SSDのコネクタの狭い側がエンクロージャのコネクタの狭い側と一致するように、小さなSATAコネクタを並べます。 SATAコネクタが完全に装着されるまで、ドライブをエンクロージャの前面からスライドさせて挿入します。 SSDのポートは、一方向でのみエンクロージャと接続します。 ポートが並列していない場合は、SSDを回転して、再度行ってください。
    • SSDのコネクタの狭い側がエンクロージャのコネクタの狭い側と一致するように、小さなSATAコネクタを並べます。

    • SATAコネクタが完全に装着されるまで、ドライブをエンクロージャの前面からスライドさせて挿入します。

    • SSDのポートは、一方向でのみエンクロージャと接続します。 ポートが並列していない場合は、SSDを回転して、再度行ってください。

  3. エンクロージャーのSSDを固定するためのエンクロージャーキットを使って、2本の#1プラスネジをオプションで取り付けることができます。
    • エンクロージャーのSSDを固定するためのエンクロージャーキットを使って、2本の#1プラスネジをオプションで取り付けることができます。

  4. The Essential Toolkit

    コンパクト版iFixitキットの中で最も利便性の高いツール

    ショップを見る

    The Essential Toolkit

    コンパクト版iFixitキットの中で最も利便性の高いツール

    ショップを見る
  5. センサー対応SATA電源ケーブルをエンクロージャーのSATAコネクターの幅が広い側に差し込みます。 ケーブルは一方向にしか接続できないように設計されています。 ケーブルが接続できない場合は、180度回転させて、再度やり直してください。
    • センサー対応SATA電源ケーブルをエンクロージャーのSATAコネクターの幅が広い側に差し込みます。

    • ケーブルは一方向にしか接続できないように設計されています。 ケーブルが接続できない場合は、180度回転させて、再度やり直してください。

  6. 小型温度センサーボードの裏面の接着剤をはがします。 温度センサー用ボードをSSD表面の露出した金属部分で、SATAコネクタにできるだけ近い位置に接着します。 エンクロージャーを取り付けるときに邪魔にならないように、余分な温度センサーのワイヤを折り曲げます。
    • 小型温度センサーボードの裏面の接着剤をはがします。

    • 温度センサー用ボードをSSD表面の露出した金属部分で、SATAコネクタにできるだけ近い位置に接着します。

    • エンクロージャーを取り付けるときに邪魔にならないように、余分な温度センサーのワイヤを折り曲げます。

  7. 古いハードドライブのマウントピンをエンクロージャの側面に取り付けます。
    • 古いハードドライブのマウントピンをエンクロージャの側面に取り付けます。

    • エンクロージャ上の穴にはネジ山が付いていない場合があります。そのため、固定用ピンをねじ込むには、さらに手間がかかります。 ゆっくり時間をかけて慎重に、真っ直ぐねじ込んでください。

  8. 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットを筐体に取り付けます。 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットを筐体に取り付けます。
    • 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットを筐体に取り付けます。

  9. iMacのSATA電源ケーブルを、新しい温度対応のSATA電源ケーブルに接続します。 SATAケーブルが、周囲のコンポーネントと干渉しない位置に配線します。
    • iMacのSATA電源ケーブルを、新しい温度対応のSATA電源ケーブルに接続します。

    • SATAケーブルが、周囲のコンポーネントと干渉しない位置に配線します。

  10. iMacのSATAデータケーブルを筐体のSATAデータコネクタに接続します。 iMacのSATAデータケーブルを筐体のSATAデータコネクタに接続します。
    • iMacのSATAデータケーブルを筐体のSATAデータコネクタに接続します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

6 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

85%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

139,754 ポイント

389のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

131 メンバー

13,474のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 53

過去 30 日: 217

今までの合計 2,116