メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順18に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 最後に残されたものがあります。このリアケースに残されたままのコンポーネントを頑張って分解していきましょう。
[* black] この最初に確認できる小さなブラケットはバネ付きコネクターとEMI接地フィンガーで覆われており、裏側にリボンケーブルが付いています。
[* black] 次に取り出すのは下部スピーカーの筐体です。ooey gooeyの耐水性付き圧着剤でポート周辺が覆われています。
[* black] 最後にTaptic Engineとフレーム状の気圧ベントが取り出せました。AppleのTaptic Engineはこれまでと同じリニアアクチュエータを振動させるモーターを使用しています。