メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順7に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] デュアルリアカメラは巨大なブラケット上に搭載されています。デバイスが曲がってしまうことでデリケートなコンポーネントにダメージを与えないようサポートがされているのでしょう。デュアルリアカメラには巨大なブラケットが付けられています。デバイス本体が曲がってしまい、デリケートなコンポーネントが破損してしまわないようサポートがされているのでしょう。
[* black] 加えてこの2つのカメラは内部で揉みくちゃにされないよう、フォーム製の圧着剤でリアケースに固定されています。このカメラたちはPortrait Mode用や関連する魔法の機能を稼働させるためにしっかりとここに留まって働いてもらう必要があるのです。加えてこの2つのカメラは内側で外れてしまわないように、フォーム製圧着剤でリアケースに固定されています。このカメラたちはPortrait Mode用や関連するマジック機能を稼働させるために、ここに留まってしっかりと働いてもらわなければならないのです。
[* black] ガラスで覆われたカメラの筐体の周りに小さな斑点上の溶接部分が確認できます。(3番目の画像)これはカメラの突起部分の溶接をケースに固定するためと推測します。ガラスで覆われたカメラ筐体の周りに小さな斑点上の溶接部分が確認できます。(3番目の画像)これはカメラの突起部分の塀を溶接してケースに固定するためと推測します。
[* black] デュアルリアカメラは巨大なブラケット上に搭載されています。デバイスが曲がってしまうことでデリケートなコンポーネントにダメージを与えないようサポートがされているのでしょう。デュアルリアカメラには巨大なブラケットが付けられています。デバイス本体が曲がってしまい、デリケートなコンポーネントが破損してしまわないようサポートがされているのでしょう。
[* black] 加えてこの2つのカメラは内部で揉みくちゃにされないよう、フォーム製の圧着剤でリアケースに固定されています。このカメラたちはPortrait Mode用や関連する魔法の機能を稼働させるためにしっかりとここに留まって働いてもらう必要があるのです。加えてこの2つのカメラは内側で外れてしまわないように、フォーム製圧着剤でリアケースに固定されています。このカメラたちはPortrait Mode用や関連するマジック機能を稼働させるために、ここに留まってしっかりと働いてもらわなければならないのです。
[* black] ガラスで覆われたカメラの筐体の周りに小さな斑点上の溶接部分が確認できます。(3番目の画像)これはカメラの突起部分の溶接をケースに固定するためと推測します。ガラスで覆われたカメラ筐体の周りに小さな斑点上の溶接部分が確認できます。(3番目の画像)これはカメラの突起部分の塀を溶接してケースに固定するためと推測します。