メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順4に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] このペンタローブネジは妙な形で、未完成のネジに見えます。ネジの先端は溝が無く、正直ネジというよりピンのようです。
[* black] このネジ部分はディスプレイからスチール製フレームを繋げています。そしてネジ先端のスムースな部分がとてつもなく長くなりました。
[* black] このペンタロープネジのデザインによってディスプレイにより柔軟性を持たせることができたと推測します。ネジが長くなったことにより、デバイス内部にある取付ブラケットに繋げることができました。結果として、増大したLightningコネクター用スペースを確保できたのです。
[* black] 幸いなことに、それ以外に大きなデザイン配置の変更はないようです。そこで私たちの三種の神器である[product|IF145-198-8|iOpener、][product|IF145-243|iSclack]とiFixitの[product|IF145-123-2|開口ピック]がこれまで同様活躍してくれそうです。幸いなことに、それ以外に大きなデザイン配置の変更はないようです。そこで私たちの三種の神器である[product|IF145-198|iOpener、][product|IF145-243|iSclack]とiFixitの[product|IF145-123-2|開口ピック]がこれまで同様活躍してくれそうです。
[* black] 幸いなことに、それ以外に大きなデザイン配置の変更はないようです。そこで私たちの三種の神器である[product|IF145-198-8|iOpener、][product|IF145-243|iSclack]とiFixitの[product|IF145-123-2|開口ピック]がこれまで同様活躍してくれそうです。幸いなことに、それ以外に大きなデザイン配置の変更はないようです。そこで私たちの三種の神器である[product|IF145-198|iOpener、][product|IF145-243|iSclack]とiFixitの[product|IF145-123-2|開口ピック]がこれまで同様活躍してくれそうです。
[* black] つまり圧着剤の抵抗感はさほど強くありません。そして[guide|87086|皆さんもご存知のディスプレイ|stepid=164653]とは異なり、フレームによってOLEDは頑丈に支えられています。