メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順4に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] このペンタローブネジは妙な感じで仕上げ加工されていません。正直、ネジの先端はまるでピン先のようです。このペンタローブネジは妙な感じで、これが仕上がりの状態なのか検討がつきません。正直、ネジの先端はまるでピン先のようです。
[* black] このネジはディスプレイからスチール製フレームまで通された穴に繋がっています。そしてネジ穴のない部分へ長いピンが足を伸ばしています。このネジ部分はディスプレイからスチール製フレームを繋げています。そしてネジ先端のスムースな部分がとてつもなく長くなっています。
[* black] 私たちの推測ではこのペンタロープネジのデザインによってディスプレイにより柔軟性を持たせることができるのではないでしょうか。一方で、デバイス内部に向けて増強したブラケットを動かすことができます。そのついでに、頑丈になったLightningコネクター用のスペースを確保できるのです。このペンタロープネジのデザインによってディスプレイにより柔軟性を持たせることができたと推測します。ネジが長くなったことにより、デバイス内部にある取付ブラケットに繋げることができました。このお陰でになったLightningコネクター用のスペースを確保できるのです。
[* black] このペンタローブネジは妙な感じで仕上げ加工されていません。正直、ネジの先端はまるでピン先のようです。このペンタローブネジは妙な感じで、これが仕上がりの状態なのか検討がつきません。正直、ネジの先端はまるでピン先のようです。
[* black] このネジはディスプレイからスチール製フレームまで通された穴に繋がっています。そしてネジ穴のない部分へ長いピンが足を伸ばしています。このネジ部分はディスプレイからスチール製フレームを繋げています。そしてネジ先端のスムースな部分がとてつもなく長くなっています。
[* black] 私たちの推測ではこのペンタロープネジのデザインによってディスプレイにより柔軟性を持たせることができるのではないでしょうか。一方で、デバイス内部に向けて増強したブラケットを動かすことができます。そのついでに、頑丈になったLightningコネクター用のスペースを確保できるのです。このペンタロープネジのデザインによってディスプレイにより柔軟性を持たせることができたと推測します。ネジが長くなったことにより、デバイス内部にある取付ブラケットに繋げることができました。このお陰でになったLightningコネクター用のスペースを確保できるのです。
[* black] 幸いなことに、それ以外に大きなデザイン配置の変更はないようです。そこで私たちの三種の神器である[product|IF145-198-8|iOpener、][product|IF145-243|iSclack]とiFixitの[product|IF145-123-2|開口ピック]がこれまで同様活躍してくれそうです。
[* black] つまり耐性には大きな変化はないということでしょう。そして[guide|87086|皆さんもご存知のディスプレイ|stepid=164653]とは異なり、フレームによってOLEDは頑丈に支えられています。