メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順9に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 液体がデバイス内部に侵入した際、音の振動を使って液体を排出するデザインのスピーカーを取り出します。
[* black] 今までの作業はSeries 2と同じ分解が続いていましたが、ここでやっと新しい発見がありました。新登場のRFチップです。これは新たに加わったLTE機能を担っています。
[* black] 次にも新しい発見がありました。マイクの隣にあったエアベントの穴が気圧センサーのようなものに付けられています。
[* icon_note] Steve Jobs TheaterでSeries 3を発表した時、Appleはこの新しい気圧高度計を強くアピールしていましたー聞いていた私たちはちょっと戸惑ってしまいました。なぜなら、気圧センサーは既に[guide|67385|昨年モデルで導入されていた|stepid=136502]からです。3を発表した時、Appleはこの新しい気圧高度計を強くアピールしていましたー聞いていた私たちはちょっと戸惑ってしまいました。なぜなら、気圧センサーは既に[guide|67385|昨年モデルで導入されていた|stepid=136502|new_window=true]からです。
[* icon_note] Steve Jobs TheaterでSeries 3を発表した時、Appleはこの新しい気圧高度計を強くアピールしていましたー聞いていた私たちはちょっと戸惑ってしまいました。なぜなら、気圧センサーは既に[guide|67385|昨年モデルで導入されていた|stepid=136502]からです。3を発表した時、Appleはこの新しい気圧高度計を強くアピールしていましたー聞いていた私たちはちょっと戸惑ってしまいました。なぜなら、気圧センサーは既に[guide|67385|昨年モデルで導入されていた|stepid=136502|new_window=true]からです。
[* black] さて、この基板を取り出す時がやってきました!