メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順2に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] MacBookの背面からヒンジの間に向かって、上部ケースと下部ケースの間に指を差し込みます。
[* icon_caution] 下部ケースから上部ケースへ接続するケーブルの損傷を防ぐため、下部ケースを少しだけ持ち上げます。下部ケースと上部ケースを接続するケーブルの損傷を防ぐため、下部ケースを少しだけ持ち上げます。
[* icon_caution] 下部ケースから上部ケースへ接続するケーブルの損傷を防ぐため、下部ケースを少しだけ持ち上げます。下部ケースと上部ケースを接続するケーブルの損傷を防ぐため、下部ケースを少しだけ持ち上げます。
[* black] しっかりと握りながら、下部ケースが上部ケースからわずかに離れるまでしっかりと持ち上げます。
[* icon_note] 下部ケースを持ち上げるときに、強い抵抗を感じる場合があります。2つの隠された保持クリップを外すため、必要に応じて、オープニングピック、または、静電気防止のこじ開けツールを下部ケースの側端に沿ってスライドさせます。下部ケースを持ち上げるときに、強い抵抗を感じる場合があります。2つの隠れた固定クリップを外すため、必要に応じてオープニングピック、または静電気ESD安全のこじ開けツールを下部ケースの側端に沿ってスライドさせます。
[* icon_reminder] 再組み立て中にクリップを再びはめるには、クリップが所定の位置にカチッと収まるのが聞こえるまで、下部ケースの両側の端の近く(3番目の画像でピックが挿入されている場所の近く)をしっかり押します。再組み立て中、クリップを再装着するには、クリップが所定の位置にカチッと収まるのが聞こえるまで、下部ケースの両側の端の近く(3番目の画像でピックが挿入されている場所の近く)をしっかり押します。
[* icon_note] 下部ケースを持ち上げるときに、強い抵抗を感じる場合があります。2つの隠された保持クリップを外すため、必要に応じて、オープニングピック、または、静電気防止のこじ開けツールを下部ケースの側端に沿ってスライドさせます。下部ケースを持ち上げるときに、強い抵抗を感じる場合があります。2つの隠れた固定クリップを外すため、必要に応じてオープニングピック、または静電気ESD安全のこじ開けツールを下部ケースの側端に沿ってスライドさせます。
[* icon_reminder] 再組み立て中にクリップを再びはめるには、クリップが所定の位置にカチッと収まるのが聞こえるまで、下部ケースの両側の端の近く(3番目の画像でピックが挿入されている場所の近く)をしっかり押します。再組み立て中、クリップを再装着するには、クリップが所定の位置にカチッと収まるのが聞こえるまで、下部ケースの両側の端の近く(3番目の画像でピックが挿入されている場所の近く)をしっかり押します。