メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順5に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 見た目では、このディスプレイは前のモデルとの[guide|52599|大きな違い|stepid=115415]が確認できません。264 ppiのピクセル解像度を見ると、最初のRetinaディスプレイのiPadとは違います。
[* black] 同時に、120 Hzはこのピクセル数にとっては非常に速度が速いリフレッシュレートです。そのためケーブルを接続するために4つまた、120 Hzはこのピクセル数にとっては非常に速度が速いリフレッシュレートです。そのため4本(!)の接続ケーブルが必要です。(とてつもなく古いモデルではたった2本しかありませんでした。)
[* black] 同時に、120 Hzはこのピクセル数にとっては非常に速度が速いリフレッシュレートです。そのためケーブルを接続するために4つまた、120 Hzはこのピクセル数にとっては非常に速度が速いリフレッシュレートです。そのため4本(!)の接続ケーブルが必要です。(とてつもなく古いモデルではたった2本しかありませんでした。)
[* black] スリムなベゼルとTrue Toneテクノロジーによってこのディスプレイが外れます。ーしかし、私たちは挑戦するためにここにいます。幾つかのシールドを外して、次のチップを見つけました。
[* red] Intersil 248828 R703CM
[* orange] Parade Technologies DP825タイミング制御装置 (前iPad Proモデルで見かけたParade ICのアップグレードされたバージョンのようです。)
[* yellow] Texas Instruments TPS565158