メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順1に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_note] デバイスを開口すると防水機能を失ってしまいます。作業に進む前に、交換用の接着剤を準備するか、作業終了後、接着剤を交換せずにデバイスを組み立てる場合は、防水機能を失っていることを留意してください。
[*
black] S8を縦長にした端に約2分間、温めたiOpenerを載せます。S8の長辺側端の上に、温めたiOpenerを約2分間のせます。
[* icon_note] デバイス本体が温まるまでiOpenerを数回温めて載せる作業を繰り返さなければなりません。加熱しすぎないために、iOpenerの温め方の説明に従ってください。
[*
デバイス本体が温まるまで、複数回にわたりiOpenerを温める作業を繰り返す必要があります。加熱しすぎないために、iOpenerの使用方法に従ってください。
[* icon_caution] ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートなどでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーは熱によるダメージに弱い性質があります。
[*
icon_note] 圧着剤が柔らかくなるのを待っている間に、次の手順に目を通して、どこから開口するかヒントを得てください。
[* icon_note] デバイスを開口すると防水機能を失ってしまいます。作業に進む前に、交換用の接着剤を準備するか、作業終了後、接着剤を交換せずにデバイスを組み立てる場合は、防水機能を失っていることを留意してください。
[*
black] S8を縦長にした端に約2分間、温めたiOpenerを載せます。S8の長辺側端の上に、温めたiOpenerを約2分間のせます。
[* icon_note] デバイス本体が温まるまでiOpenerを数回温めて載せる作業を繰り返さなければなりません。加熱しすぎないために、iOpenerの温め方の説明に従ってください。
[*
デバイス本体が温まるまで、複数回にわたりiOpenerを温める作業を繰り返す必要があります。加熱しすぎないために、iOpenerの使用方法に従ってください。
[* icon_caution] ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートなどでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーは熱によるダメージに弱い性質があります。
[*
icon_note] 圧着剤が柔らかくなるのを待っている間に、次の手順に目を通して、どこから開口するかヒントを得てください。