メインコンテンツにスキップ

手順12に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

+[title] 分解を終えて
+[* black] Google Homeの修理難易度は***10点満点中8点***です。(10点が最も修理しやすい指標)
+ [* green] 最小の稼働部とは失敗点が少ないということです。
+ [* green] デバイス全体には標準型のネジとコネクターのみが使われています。
+ [* green] 多くのコンポーネントがモジュラーで、個別に交換できます。
+ [* yellow] DC IN 端子はマザーボードに半田付けされていますが、あまり強く半田付けされていないようです。デバイスがプラグインできる状態を配慮しています。
+ [* red] タッチボードは上部ケースに大量の接着剤を使用して留められています。