メインコンテンツにスキップ

手順12に変更

Soichiro Kawamuraさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[title] 分解を終えて
[* black] Google Homeの修理難易度は***10点満点中8点***です。(10点が最も修理しやすい指標)
- [* green] 稼働パーツが少ないということは悪いパーツが少ないということです
+ [* green] 可動パーツが少ないということは壊れるパーツが少ないということです
[* green] デバイス全体には標準型のネジとコネクターのみが使われています。
[* green] 多くのコンポーネントがモジュラーで、個別に交換できます。
- [* yellow] DC IN 端子はマザーボードに半田付けされていますがあまり強く半田付けされていないようですデバイスがプラグインできる状態を配慮しています。
+ [* yellow] DC入力端子はマザーボードに半田付けされていますがデバイスが電源につないだままにされることを考えると、すり減ってしまう可能性はあまりないでしょう
[* red] タッチボードは上部ケースに大量の接着剤を使用して留められています。