メインコンテンツにスキップ

手順9に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

-[* black] ボトムケースを繋げるマグネットが付いている footy bitはこれも内部がロックされたミステリーケーブルがあります
+[* black] ボトムケースのためのマグネットが付いているビットには内部がロックされたミステリーなケーブルがあります
[* black] より詳細に内部を見ていきましょう。さらにミステリーがあるようです!ケーブルは4つの接続ポイントに枝分かれしています。これはなんでしょうか?試験ポイントを増やしたのでしょうか?
[* icon_note] (全く仮定の)異説:
- [* black] 基盤の色を認識しますそしてHomeは外側のケースと程よくコーディネートされています
- [* black] 残留した充電機能(おそらく、Homeの設計ではポータブルデバイスを目指していたのでしょうか?)
+ [* black] 基盤の色を認識することができるするとHome本体は外側のケースとより良くコーディネートできる
+ [* black] 残留の充電機能(おそらく、Homeの設計ではポータブルデバイスを目指していたのでしょうか?)
[* black] 分解エンジニアにとっては見捨てられた[https://ja.wikipedia.org/wiki/イースター・エッグ_(コンピュータ)|イースターエッグ]を探すレベルほどの困難さです。