メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順4に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_note] 接着ストリップが切断して、バッテリーがリアケースに貼り付いたままの状態は、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールを数滴、残留したままのストリップ付近のバッテリー下に注入して、除去します。
[* black] 1分間待機して、慎重にバッテリーを持ち上げます。
[* icon_caution] ボリュームダウン(ー)ボタンとバッテリー上端の間にスパッジャーを'''差し込まないでください'''。この下に搭載されたボリュームコントロールケーブルを傷つける恐れがあります。
[* icon_caution] ロジックボード側から'''こじ開けないで'''ください。iPhoneにダメージを与えてしまいます。
[* icon_caution] バッテリーを力づくで引き抜かないでください。必要に応じてイソプロピルアルコールを数滴注入して、接着剤を弱めます。バッテリーをこじ開けて変形させたり、穴を開けたりしないでください。
[* icon_note] 代用品として、デンタルフロスでバッテリーをリアケースから切り離すこともできます。もしくはデンタルフロスの代わりに、12弦セットの0.009E弦のような、ギターの弦を使うと、より耐久性があります。デンタルフロスや弦をバッテリー上部の角に通し、両端を合わせて畳んだ布に巻き付け、均等に引っ張ります。バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、[guide|11677|iOpener|new_window=true]を用意するか、ヘアドライヤーでバッテリーの真後ろのリアケースを加熱します。気持ちよく触れられる程度の温度になります。
[* icon_note] バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、[guide|11677|iOpener|new_window=true]もしくはヘアドライヤーでバッテリー背面のリアケースから加熱してください。適温で触れる程度の温かさにします。
[* black
icon_caution] iPhoneを加熱しすぎると、バッテリーが発火する恐れがあります。
[* icon_note] 代用品として、デンタルフロスでバッテリーをリアケースから切り離すこともできます。もしくはデンタルフロスの代わりに、12弦セットの0.009E弦のような、ギターの弦を使うと、より耐久性があります。
[* icon_note] 代用品として、デンタルフロスでバッテリーをリアケースから切り離すこともできます。もしくはデンタルフロスの代わりに、12弦セットの0.009E弦のような、ギターの弦を使うと、より耐久性があります。デンタルフロスや弦をバッテリー上部の角に通し、両端を合わせて畳んだ布に巻き付け、均等に引っ張ります。バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、[guide|11677|iOpener|new_window=true]を用意するか、ヘアドライヤーでバッテリーの真後ろのリアケースを加熱します。気持ちよく触れられる程度の温度になります。
[* icon_note] バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、[guide|11677|iOpener|new_window=true]もしくはヘアドライヤーでバッテリー背面のリアケースから加熱してください。適温で触れる程度の温かさにします。
[* black
icon_caution] iPhoneを加熱しすぎると、バッテリーが発火する恐れがあります。
[* icon_note] 代用品として、デンタルフロスでバッテリーをリアケースから切り離すこともできます。もしくはデンタルフロスの代わりに、12弦セットの0.009E弦のような、ギターの弦を使うと、より耐久性があります。