メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順4に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_note] 3本全ての接着タブが取り出せた方は、次の手順へお進みください。いずれかのタブが取り出せなかった場合は、リアケースからバッテリーをこじ開ける必要があります。接着タブのいずれかが切断してしまい、リアケースの下に残っている場合は、[guide|11677|iOpener]かヘアドライヤーを準備してください。バッテリーの裏にあたるリアケース上に載せ、長く触れられない程度に温まるまで待ってください。
[* black] [guide|25705|iOpenerを準備]してください。これをリアケースの裏側、バッテリーの上に直接当てます。同時に、ヒートガンやドライヤーを使って熱を当てることもできます。icon_caution] iPhoneを温めすぎるとバッテリーに引火してしまう恐れがあります。ご注意ください。
[* black] 約1分後、 iOpenerを外します。デバイスを裏返しにして、プラスチックカードをバッテリーの下に差し込み、バッテリーの裏に付けらえた接着剤を剥がします。iPhoneを裏返してプラスチックカードをバッテリーの裏に差し込み、残りの接着剤を切り込みながら剥がします。
[* icon_caution] プラスチックカードを右側から差し込まないようにご注意ください。ロジックボードに対してこじ開けてしまうとダメージを与えてしまいます。また、バッテリーを曲げないように確認しながら作業を進めます。バッテリーを傷が入ってしまうと危険な化学物質が排出される恐れがあります。カードをボリュームボタン(−)やバッテリー上部周辺に'''差し込まないで'''ください。ボリュームコントロールケーブルが搭載されているため、ダメージを与えてしまいます。
[* icon_caution] バッテリー上部の底はこじ開けないでください。音量ボタンやサイレントスイッチ付近にはボリュームコントロールのリボンケーブルがあり、バッテリー底のリアケースに固定されているためです。ロジックボード側から'''差し込まないで'''ください。デバイス本体にダメージを与えてしまいます。
[* icon_caution] カードをできるだけ水平に差し込みます。バッテリーが変形してしまうと危険な化学物質が排出され、引火してしまうことがあります。また鋭利なツールを使ってバッテリーの作業をしないでください。
[* icon_note] 代わりに、バッテリーをリアケースから外す作業でデンタルフロスも使用できます。より強力な代用品はギターの弦です。12ストリングセットのうち0.009 E がおすすめです。
[* black] フロスや糸をバッテリー上部にくぐらせて、両側の先端を合わせます。バッテリー下部に向けて均等に引っ張りながら接着剤を剥がします。
[* icon_note] 3本全ての接着タブが取り出せた方は、次の手順へお進みください。いずれかのタブが取り出せなかった場合は、リアケースからバッテリーをこじ開ける必要があります。接着タブのいずれかが切断してしまい、リアケースの下に残っている場合は、[guide|11677|iOpener]かヘアドライヤーを準備してください。バッテリーの裏にあたるリアケース上に載せ、長く触れられない程度に温まるまで待ってください。
[* black] [guide|25705|iOpenerを準備]してください。これをリアケースの裏側、バッテリーの上に直接当てます。同時に、ヒートガンやドライヤーを使って熱を当てることもできます。icon_caution] iPhoneを温めすぎるとバッテリーに引火してしまう恐れがあります。ご注意ください。
[* black] 約1分後、 iOpenerを外します。デバイスを裏返しにして、プラスチックカードをバッテリーの下に差し込み、バッテリーの裏に付けらえた接着剤を剥がします。iPhoneを裏返してプラスチックカードをバッテリーの裏に差し込み、残りの接着剤を切り込みながら剥がします。
[* icon_caution] プラスチックカードを右側から差し込まないようにご注意ください。ロジックボードに対してこじ開けてしまうとダメージを与えてしまいます。また、バッテリーを曲げないように確認しながら作業を進めます。バッテリーを傷が入ってしまうと危険な化学物質が排出される恐れがあります。カードをボリュームボタン(−)やバッテリー上部周辺に'''差し込まないで'''ください。ボリュームコントロールケーブルが搭載されているため、ダメージを与えてしまいます。
[* icon_caution] バッテリー上部の底はこじ開けないでください。音量ボタンやサイレントスイッチ付近にはボリュームコントロールのリボンケーブルがあり、バッテリー底のリアケースに固定されているためです。ロジックボード側から'''差し込まないで'''ください。デバイス本体にダメージを与えてしまいます。
[* icon_caution] カードをできるだけ水平に差し込みます。バッテリーが変形してしまうと危険な化学物質が排出され、引火してしまうことがあります。また鋭利なツールを使ってバッテリーの作業をしないでください。
[* icon_note] 代わりに、バッテリーをリアケースから外す作業でデンタルフロスも使用できます。より強力な代用品はギターの弦です。12ストリングセットのうち0.009 E がおすすめです。
[* black] フロスや糸をバッテリー上部にくぐらせて、両側の先端を合わせます。バッテリー下部に向けて均等に引っ張りながら接着剤を剥がします。