メインコンテンツにスキップ

手順 3 への変更

- Midori Doiによって編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除
追加
変更なし

手順ライン

[* black] 次は私たちの嫌いな作業が待っています。ペンタロープネジです。この星型ネジは Apple がデバイスを開封しないでほしいと願っているかのように封印されています。
[* black] ですが、このペンタロープベジはローズゴールド色に塗られており、実に可愛らしく出来ています。
[* black] 可愛いピンクのネジを脇に置き、上部を[product|IF145-243|iSclack]で開封します。作業は難しくありませんーすると、ローズゴールドに色付けされたディスプレイの接着剤が確認できます。Appleの [guide|48170|S-series|stepid=107852] [guide|48171|フラグシップ|stepid=107891]に比べるとこの開封作業は簡単です。
[* icon_note] 6s と 6s Plusのディスプレイガスケットは耐水性機能か3D Touchを保護する構造補強、どちらかの目的のために付けられたのだろうと[https://ifixit.org/blog/7408/iphone-waterproof/|推測しました]。このモデルにはガスケットが付けられていないため、[https://www.youtube.com/watch?v=Axcasis-rqc|以前の予備テスト]からおそらく後者の目的のために付けられていると思われます。Touchを保護する構造補強、どちらかの目的のために付けられたと[https://ifixit.org/blog/7408/iphone-waterproof/|推測します]。このモデルにはガスケットが付けられていないため、[https://www.youtube.com/watch?v=Axcasis-rqc|以前の予備テスト]からおそらく後者(=ガスケットを保護)の役割があると思われます。
[* icon_note] 6s と 6s Plusのディスプレイガスケットは耐水性機能か3D Touchを保護する構造補強、どちらかの目的のために付けられたのだろうと[https://ifixit.org/blog/7408/iphone-waterproof/|推測しました]。このモデルにはガスケットが付けられていないため、[https://www.youtube.com/watch?v=Axcasis-rqc|以前の予備テスト]からおそらく後者の目的のために付けられていると思われます。Touchを保護する構造補強、どちらかの目的のために付けられたと[https://ifixit.org/blog/7408/iphone-waterproof/|推測します]。このモデルにはガスケットが付けられていないため、[https://www.youtube.com/watch?v=Axcasis-rqc|以前の予備テスト]からおそらく後者(=ガスケットを保護)の役割があると思われます。