メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順2に変更

Takehiroさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_caution] この作業手順では、接着タブを平らでシワのない状態に保ってください。シワの入ってしまったタブは絡まり、破れてしまうことがあります。
[* black] iPhoneの下に向かって、ゆっくりとバッテリーの接着タブをバッテリーから引っ張ります。
[* icon_caution] 接着タブが裂けるのを防ぐため、バッテリーや下方にあるコンポーネントに引っ掛けないようにご注意ください。
[* black] 接着タブがバッテリーと背面ケースの間から抜け出るまで一定の張り加減でしっかりと引っ張ります。一番良い方法は、タブを60度以内の角度にして引っ張ることです。接着ストリップがバッテリーと背面ケースの間から抜け出るまで、一定の力加減を維持して接着ストリップを引っ張ります。接着ストリップを60度かそれ以下の角度で引っ張るのがベストです。
[* icon_note] このタブは本来の長さの何倍にも伸びます。必要に応じてバッテリー付近までタブを持ち替えて引っ張ってください。接着ストリップは本来の長さの何倍にも伸びます。引っ張り続けて、必要に応じてバッテリー付近のストリップを掴みなおしてください。
[* black] 接着タブがバッテリーと背面ケースの間から抜け出るまで一定の張り加減でしっかりと引っ張ります。一番良い方法は、タブを60度以内の角度にして引っ張ることです。接着ストリップがバッテリーと背面ケースの間から抜け出るまで、一定の力加減を維持して接着ストリップを引っ張ります。接着ストリップを60度かそれ以下の角度で引っ張るのがベストです。
[* icon_note] このタブは本来の長さの何倍にも伸びます。必要に応じてバッテリー付近までタブを持ち替えて引っ張ってください。接着ストリップは本来の長さの何倍にも伸びます。引っ張り続けて、必要に応じてバッテリー付近のストリップを掴みなおしてください。