メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順11に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] デバイス本体上部を蝶番のようにして、背面ケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。
[* black] デバイス本体上部を蝶番のようにして、背面ケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。
[* black] ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。
[* icon_caution] 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。
[* black] 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるよう輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ張りが加わるのを防ぐためです。作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ圧力が加わらないように保護するためです。
[* icon_note] 緊急の際は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。急ぎの場合は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。
[* black] 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるよう輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ張りが加わるのを防ぐためです。作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ圧力が加わらないように保護するためです。
[* icon_note] 緊急の際は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。急ぎの場合は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。