メインコンテンツにスキップ

手順3に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除済み
追加
変更なし

手順ライン

[* icon_note] ディスプレイとデジタイザーケーブル接続を含むブラケットはディスプレイとデジタイザーケーブル接続を含むブラケットは上部と下部のピースでできています。コネクターは下のブラケットに留められており、上部ブラケットは接続を外すためには取り外さなければなりません。
[* black] ここに翻訳を挿入するブラケットの下半分を掴むため、先端が尖っているピンセットを使います。
[* icon_note] ここに翻訳を挿入する上部メタル製ブラケットから下向きに突き出ている小さなメタル製タブがあります。
[* black] ここに翻訳を挿入するタブと下部のブラケットの間に小サイズのマイナスドライバー(1㎜)を差し込みます。隙間が広がるようにスクリュードライバーを左右に動かします。
[* black] ここに翻訳を挿入するこの作業は、上部ブラケットを下のブラケットに留めている2つのタブを緩め、上部ブラケットから取り外すことができます。
[* icon_note] ディスプレイとデジタイザーケーブル接続を含むブラケットはディスプレイとデジタイザーケーブル接続を含むブラケットは上部と下部のピースでできています。コネクターは下のブラケットに留められており、上部ブラケットは接続を外すためには取り外さなければなりません。
[* black] ここに翻訳を挿入するブラケットの下半分を掴むため、先端が尖っているピンセットを使います。
[* icon_note] ここに翻訳を挿入する上部メタル製ブラケットから下向きに突き出ている小さなメタル製タブがあります。
[* black] ここに翻訳を挿入するタブと下部のブラケットの間に小サイズのマイナスドライバー(1㎜)を差し込みます。隙間が広がるようにスクリュードライバーを左右に動かします。
[* black] ここに翻訳を挿入するこの作業は、上部ブラケットを下のブラケットに留めている2つのタブを緩め、上部ブラケットから取り外すことができます。