Skip to main content

Changes to Step #24

Edit by Midori Doi

承認済みの編集 by Midori Doi

Deleted
Added
Unchanged

Step Lines

[* icon_caution] この手順では特に慎重に作業を進めてください。時間をかけてゆっくりと、接着剤が温かく柔らかくなっているか確認します。開封ピックを使って接着剤全体を剥がします。必要に応じて、作業を止めてこの手順では特に慎重に作業を進めてください。時間をかけてゆっくりと、接着剤が温められて柔らかくなっているか確認します。開封ピックを使って接着剤全体を剥がします。必要に応じて、作業を中断して iOpenerを再び温めることも考慮してください。
[* icon_caution] この手順では特に慎重に作業を進めてください。時間をかけてゆっくりと、接着剤が温かく柔らかくなっているか確認します。開封ピックを使って接着剤全体を剥がします。必要に応じて、作業を止めてこの手順では特に慎重に作業を進めてください。時間をかけてゆっくりと、接着剤が温められて柔らかくなっているか確認します。開封ピックを使って接着剤全体を剥がします。必要に応じて、作業を中断して iOpenerを再び温めることも考慮してください。
[* black] ホームボタンと反対側の両角にはピックを挟んだままにします。ガラスを持ち上げるように、ピックを少しひねります。ディスプレイケーブルの端に沿って留められた接着剤が剥がれます。4つ全ての角の接着をはがします。
[* icon_caution] 大きな抵抗があった場合、ひねるのを止めてください。ピックをそのままにし、iOpenerを再加熱し問題の個所に当て、こう着している所にもう一度ピックを走らせます。接着剤から大きな抵抗があった場合、ひねるのを中断します。ピックをそのままにし、iOpenerを再加熱して該当箇所に当て、こう着している所にもう一度ピックを走らせます。
[* icon_caution] 大きな抵抗があった場合、ひねるのを止めてください。ピックをそのままにし、iOpenerを再加熱し問題の個所に当て、こう着している所にもう一度ピックを走らせます。接着剤から大きな抵抗があった場合、ひねるのを中断します。ピックをそのままにし、iOpenerを再加熱して該当箇所に当て、こう着している所にもう一度ピックを走らせます。