メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順1に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_note] 次の2つの手順ではiPhone 6 Plusを安全に開口できる素晴らしいツール[product|IF145-243|iSclack]の使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。'''iSclackをご利用になられない方は手順4までスキップしてください。Plusを安全に開口できる素晴らしいツール[product|IF145-243|iSclack]の使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。'''iSclackをご利用になられない方は次の2つの手順をスキップしてください。'''
[* icon_note] 次の2つの手順ではiPhone 6 Plusを安全に開口できる素晴らしいツール[product|IF145-243|iSclack]の使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。'''iSclackをご利用になられない方は手順4までスキップしてください。Plusを安全に開口できる素晴らしいツール[product|IF145-243|iSclack]の使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。'''iSclackをご利用になられない方は次の2つの手順をスキップしてください。'''
[* black] プラスチックのデプスゲージが iSclack中央に挟まっている場合は外してください。 iPhone 6 Plusのような大型のデバイスには必要ありません。
[* black] iSclackのハンドルを閉じ、吸盤カップを開きます。
[* black] iPhone下部本体を吸盤カップの間に配置します。
[* icon_note] ディスプレイ側の吸盤カップはホームボタン付近に装着します。
[* black] ハンドルを開いてiSclackの両カップを閉じます。吸盤カップをiPhoneの両側にしっかりと取り付けます。
[* black] バックガラスもしくはディスプレイの飛散状況が酷い場合は、[guide|103487|透明な梱包用テープで表面を覆って|new_window=true]から吸盤カップを装着してください。iSclackには、このような目的で使用するためのテープが2枚入っています。