メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順2に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] プラスチック製の開封ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。プラスチック製開口ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。
[* black] 右側の接点から外していきます。それから左側に移ります。右側のブレーカー接点の下から外していきます。それから左側に移ります。
[* icon_caution] 左側から右側に作業を進めていくと、リボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。接点はフロントパネルに留められています。先に接着剤を取ってから作業を始めてください。左側から右側に作業を進めていくと、リボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。ブレーカー接点はフロントパネルに留められています。先に接着剤を取ってから作業を始めます。
[* icon_note] プラスチック製開封ツールを接点の下に差し込んだ際、横へスライドし難い場合は、ツールをひっくり返して丁寧にコンタクトケーブルの右側に押し当てます。接着剤を緩めてから再度作業を再開してください。プラスチック製開口ツールがブレーカー接点下でスライドしにくい場合は、ツールを裏返して、接着剤を緩めるためにブレーカーの右側に向けてゆっくりと押し当てます。
[* black] プラスチック製の開封ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。プラスチック製開口ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。
[* black] 右側の接点から外していきます。それから左側に移ります。右側のブレーカー接点の下から外していきます。それから左側に移ります。
[* icon_caution] 左側から右側に作業を進めていくと、リボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。接点はフロントパネルに留められています。先に接着剤を取ってから作業を始めてください。左側から右側に作業を進めていくと、リボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。ブレーカー接点はフロントパネルに留められています。先に接着剤を取ってから作業を始めます。
[* icon_note] プラスチック製開封ツールを接点の下に差し込んだ際、横へスライドし難い場合は、ツールをひっくり返して丁寧にコンタクトケーブルの右側に押し当てます。接着剤を緩めてから再度作業を再開してください。プラスチック製開口ツールがブレーカー接点下でスライドしにくい場合は、ツールを裏返して、接着剤を緩めるためにブレーカーの右側に向けてゆっくりと押し当てます。