メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順10に変更

Yoshihiro HIRANOさんによる編集

承認済みの編集 : Yoshihiro HIRANO

変更なし

手順ライン

[* black] 修理個所がウェアの最下部でない限り、ドローコードはそのままにしておきます。ドローコードを避けて修理する方がドローコードを取り除いて再び縫い合わせるよりも簡単です。
[* icon_reminder] ジャケットをもとの状態に戻すときは既存の穴を辿って縫うようにし、穴からダウンが出るのを防ぎます。修理後できれば蒸気に当ててください。ステッチの穴がふさがりダウンが出にくくなります。