メインコンテンツにスキップ

手順 3 への変更

- Midori Doiによって編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除
追加
変更なし

手順ライン

[title] iSclackの使用方法
[* icon_note] 次の手順では、本体からディスプレイを引き上げます。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。次の手順では、本体からディスプレイを外します。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。
[* black] この作業でどんな工具を使っても、'''ディスプレイ全体を持ち上げてください。この作業でどんなツールを使っても'''ディスプレイ全体を本体から完全に取り外してください。'''
[* black] ガラスがプラスチックから離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをプラスチックのフレームとメタル製の本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを剥がします。スクリーンが離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタル製本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを外します。
[* icon_reminder] ディスプレイベゼルが外れた本体を再組み立てする際は、デバイス本体を密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に薄い接着ストリップを留めることもできます。ディスプレイベゼルが外れた本体を再組み立てする際は、デバイス本体を密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に薄い接着タブを付けることもできます。
[* icon_note] 次の手順では、本体からディスプレイを引き上げます。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。次の手順では、本体からディスプレイを外します。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。
[* black] この作業でどんな工具を使っても、'''ディスプレイ全体を持ち上げてください。この作業でどんなツールを使っても'''ディスプレイ全体を本体から完全に取り外してください。'''
[* black] ガラスがプラスチックから離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをプラスチックのフレームとメタル製の本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを剥がします。スクリーンが離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタル製本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを外します。
[* icon_reminder] ディスプレイベゼルが外れた本体を再組み立てする際は、デバイス本体を密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に薄い接着ストリップを留めることもできます。ディスプレイベゼルが外れた本体を再組み立てする際は、デバイス本体を密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に薄い接着タブを付けることもできます。