メインコンテンツにスキップ

手順10に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 2番目のメタルシールドの下には、巨大なヒートシンクと面白い形状をした電源装置があります。
-[* black] 熱は自然に上昇するため、X線画像で確認したように、このヒートシンクは全てのヒートパイプを通して熱を上向きに移動させる設計が施されているのは理にかなっています そしてシルバーのフィンスタックから放出される熱をファンが吹き飛ばします。
+[* black] 熱は自然に上昇するため、X線画像で確認したように、このヒートシンクは全てのヒートパイプを通して熱を上向きに移動させる設計が施されています。そしてシルバーのフィンスタックから放出される熱をファンが吹き飛ばします。
[* black] [https://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/igi/Ogc4SdISJgZutEcD.huge|Xbox Series Xのヒートシンクと比べると|new_window=true]、PS5は明らかに熱を拡散させる表面積が広いことがわかります。しかし、PS5には Series Xに搭載されているベイパーチャンバーがありません。Sonyはコッパーヒートパイプとヒートシンクのコンビで十分対応できると[https://www.youtube.com/watch?v=CaAY-jAjm0w&feature=youtu.be&t=382|公表しています|new_window=true]。
-[* icon_note] 巨大なヒートシンク下に付いているのは、Pブーツ型の350W電源装置です。全負荷でテストした[https://www.youtube.com/watch?v=nRGNfqVvPtk&feature=youtu.be&t=287|200Wの消費|new_window=true]には十分で、シリーズXで見つかった315Wの電源装置よりもわずかに大きいです
+[* icon_note] 巨大なヒートシンク下に付いているのは、Pブーツ型の350W電源装置です。全負荷でテストした[https://www.youtube.com/watch?v=nRGNfqVvPtk&feature=youtu.be&t=287|200Wの消費|new_window=true]には十分で、Xbox SeriesXに搭載されている315Wの電源装置よりもわずかに大きいです