メインコンテンツにスキップ

手順3に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

-[* black] このコンソールは初めて目にする不思議な形状ですが、オープニングはとても簡単です。少し白いパネルを持ち上げてスライドすれば、すぐに取り出せます。パネルが外れるとM.2 SSD拡張スロットやファン…そして自分で埃を吸い取れる''ダストポート''にも、すぐにアクセスできます。
-[* black] クーリング用ハードウェアのメンテナンスが簡単ならば、このコンソールの大ファンになるでしょう。
+[* black] このコンソールは初めて目にする不思議な形状ですが、オープニングはとても簡単です。少し白いパネルを持ち上げてスライドすれば、すぐに取り出せます。パネルが外れるとM.2 SSD拡張スロットやファン…そしてユーザー自身で埃を吸い取れる''ダストポート''にも、すぐにアクセスできます。
+[* black] 冷却用ハードウェアのメンテナンスが簡単ならば、このコンソールの大ファンになるでしょう。
[* black] 作業を先に進めると、T8トルクスセキュリティネジのドライバーが必要です。(どうしてPS5のファンに、セキュリティネジが必要なんでしょうか?)
[* icon_note] PS5には120mmの厚さのケージ両側から外部の空気を引き込む”全方向性”のクーリングシステムが実装されています。これで大量の空気を移動できますが、Sonyはノイズを生じさせるほどの高速回転は敢えてさせないでしょう。
[* black] 有難いことに、M.2ストレージ拡張ベイは簡単にアクセスできます。プラスネジを外して、メタルシールドを取り出せば、アップグレードが可能です。[https://www.techradar.com/news/ps5-expandable-ssd-storage|内蔵ストレージ|new_window=true]の容量は不安がよぎるほど小さいため、アクセスしやすいようにSonyが配慮してくれたデザインです。