メインコンテンツにスキップ

手順17に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] このトリガー内部を、より詳細に探ってみましょう。
- [* red] 左のR1、右のR2のボタンセンサーを最初に見ていきます。R2はトリガーを部分的に引く場合と完全に引く場合の違いを”2段階”のセンサーを使っているようです。R1は普通のデジタルスイッチです。
- [* orange] 次にプラスチックフレーム、メタルピンとバネを調査します。これらのパーツは非可変抵抗のR2トリガーで、搭載されている他の素晴らしいパーツと連動せずに動きます
- [* yellow] ギアシステムは、手順6で説明したように稼働します。白いウォームギア(下のグリーンの項目参照)は円形ギアを回転させて、R2のレバーアクションに抵抗するために、アームが持ち上がります。
+ [* red] 左のR1、右のR2のボタンセンサーを最初に見ていきます。R2は”2段階”のセンサーを使って、トリガーを部分的に引く場合と完全に引く場合の違いを判断するようです。R1は普通のデジタルスイッチです。
+ [* orange] 次にプラスチックフレーム、メタルピンとバネを調査します。これらのパーツは非可変抵抗のR2トリガーで、搭載されている他の高度なパーツと連動せずに動きます
+ [* yellow] ギアシステムは、手順6で説明したように稼働します。白いウォームギア(下のグリーンの項目参照)は円形ギアを回転させて、R2のレバーアクションに抵抗を加えるために、アームが持ち上がります。
[* green] 白いギアはギア全体の中心部です。底部が突起したシルバーのモーターでウォームギアを動かします。リード線はトリガーモジュールの回路基板に半田付けされています。
[* light_blue] 最後に、回路基板にこれらの全パーツが繋がっています。リボンケーブルが2箇所に接続しています。1つはボタンに、もう1つはマザーボードです。黒いエンコーダーは、黄色でマークされた(画像2)円形ギアの回転を計測します。